マカオ鴛鴦茶通信

マカオ在住10年の政府公認ツアーガイドが、マカオの最新観光情報をわかりやすくお伝えします。治安が良いピカピカの街マカオで、非日常体験をしてみませんか?

マカオのピエールエルメラウンジがおしゃれな方におすすめな理由4つ

マカオのシティ・オブ・ドリームス内、モーフィアスホテルのロビーにあるピエール・エルメ・ラウンジは、おしゃれな方が心惹かれる魅力がたっぷりです。

感性豊かな方におすすめのカフェ、ピエール・エルメ・ラウンジを紹介します。

 

※情報は2020年3月現在のものです。1MOP(マカオパタカ)=約13.5円

料金には10%のサービス料と5%の政府税が加算されます。

 

 

気分が上がる非日常空間

マカオ ピエール・エルメ

ピエール・エルメ・ラウンジがあるモーフィアスホテルは、ドバイのザハ・ハディド氏による建築で、近未来的なデザインがおしゃれなホテルです。

お店は吹き抜けが心地良い開放感のあるホテルロビーに位置し、ホテルデザインにマッチした鳥の巣のような銀色の目隠しに囲まれています。

センスのいい非日常空間で過ごす時間は、感性が磨かれそうです。

 

五感で楽しむデザート 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

aoi(@aoi_701)がシェアした投稿 -

 

何と言ってもピエール・エルメ・ラウンジの楽しみは、美しくおいしいデザートです。

ケーキやマカロン、フラッペなど豊富なメニューが楽しめますが、中でも目玉は「モーフィアス・デザート・コレクション」です。

 

金色の「モーフィアス・ゴールド・プレジール・シュクレ」(148MOP、約2,000円)は、金色のチョコレートを割ると、中からヘーゼルナッツのアイスクリームやダックワーズ、プラリネ、チョコレートのクリームやみかんのジャムが現れます。

フランス語で「甘い喜び」という意味の名前がぴったりな、楽しいデザートですね。

 

ピンクの「モーフィアス・シグネチャー・イスパハン」(138MOP、約1,900円)は、マカロン生地の下からライチソルベ、ラズベリー、ローズマスカルポーネクリーム、メレンゲクッキーなどが現れます。

パリで生まれた「イスパハン」をモーフィアス流にアレンジしたデザートは、一口食べるとバラの香りが口中に広がって、女子力がアップしそうです。

イスパハンのミルフィーユ(128MOP、約1,750円)、シャンパンカクテル(108MOP、約1,500円)などもあるので、気分や好みに合わせて選べます。

 

朝食・カフェメニューもおまかせ

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Teck Leng(@teckleng)がシェアした投稿 -

 

ピエール・エルメ・ラウンジでは、デザートだけでなく食事メニューも人気があります。

朝食メニューでは、濃厚なオランデーズソースが食欲をそそるエッグベネディクト(118MOP、約1,600円)や、イスパハンをテーマにしたグラノーラ(98MOP、約1,300円)や自家製ヨーグルト(48MOP、約650円)などがおすすめです。

ランチタイム以降は、どんぶりという名前が似合わないほどおしゃれなまぐろ丼(158MOP、約2,150円)や、クロックムッシュ(138MOP、約1,900円)がイチオシです。

デザートだけでなくしっかり食事もできて、どれもおいしいのでぜひ試してみてくださいね。

 

ショーやショッピングの合間にぴったり

マカオ ウィンパレス

 

モーフィアスホテルのあるシティ・オブ・ドリームスは、素晴らしいと高い評価を得ている「ハウス・オブ・ダンシング・ウォーターショー」を上演しています。

劇場とピエール・エルメ・ラウンジはとても近いので、ショーの前後に立ち寄るのに最適です。

またシティ・オブ・ドリームス内にはコスメやブランドショップも多く、夏と冬のバーゲンシーズンには、多くのブランド物がセール価格で買えますよ。

水の都ベニスがテーマのベネチアンや、ウィンパレスMGMコタイなど大型カジノリゾートが歩いてすぐの場所にあるので、ショッピングめぐりやホテル散策にもおすすめの立地です。

アクセス・行き方

マカオ シティ・オブ・ドリームス

ピエール・エルメ・ラウンジの所在地は、モーフィアスホテルの1階ロビーです。

モーフィアスは、写真中央奥に見える網がかかったようなデザインの建物です。

モーフィアスホテルは、シティ・オブ・ドリームスの中にあり、シティ・オブ・ドリームスまで無料のシャトルバスが各地から出ています。

 

徒歩で

  • ベネチアン
  • サンズ・コタイ・セントラル
  • ウィン・パレス
  • MGMコタイ

からシティ・オブ・ドリームスまで、徒歩5~10分

 

シャトルバスで

3月28~のスケジュールは以下の通りです。

現在は通常よりも本数の少ない間引き運転を行っています。

最新の情報はこちらをご覧ください。

City of Dreams:シャトルバススケジュール

 

ボーダーゲートから

10:00~22:00、25~35分おき

 

タイパフェリーターミナルから

10:00~22:00、25~35分おき

 

マカオ空港から

10:00~22:00、25~35分おき

 

マカオ半島(グランドエンペラーホテル近く)から

10:30~21:30、30~35分おき

 

タクシーで

「新濠天地 摩珀斯酒店」とメモに書いて渡すか、ガイドブックや地図を指差しで伝えるのが確実です。

ガイドブックは地球の歩き方 マカオ 2018~2019がおすすめです。地図が素晴らしい。  

 

   

 

施設情報

ピエール・エルメ・ラウンジ

艾爾曼尚廊

Pierre Hermé Lounge 

 

所在地:モーフィアスホテル(摩珀斯)1階

営業時間:10:00〜19:00

定休日:なし

 

マカオで美食を楽しもう

マカオ モーフィアス

感性やセンスが磨かれそうな、モーフィアスホテルのピエール・エルメ・ラウンジはおしゃれな女子や、建築・写真が好きな方におすすめのスポットです。

目に美しく気分が上がるカフェで、友人や恋人と最高のひとときを過ごしてはいかがですか。