マカオ鴛鴦茶通信

マカオ在住10年の政府公認ツアーガイドが、マカオの最新観光情報をわかりやすくお伝えします。治安が良いピカピカの街マカオで、非日常体験をしてみませんか?

エキサイティングに楽しむマカオグランプリ2019ガイド

マカオグランプリ 2019

11月のマカオの風物詩といえば、マカオグランプリです。

この時期は、世界中からレーサーやレース関係者がマカオを訪れます。

街がサーキットと化す、スリリングでエキサイティングなイベントです。

モータースポーツファンも、ミーハーに楽しみたい方も、気軽に体験できるマカオグランプリを紹介します。

※1MOP(マカオパタカ)=約13円(2019年11月現在)

 

 

マカオグランプリについて

マカオグランプリ リスボアベンド

最も事故が多いリスボアベンド付近

マカオグランプリの歴史や事故、TV放送やツアーなどについて簡単に紹介します。

歴史

 

1954年に始まり、今年で第66回を迎えるマカオグランプリは、アジアで最も歴史のあるモータースポーツの祭典です。

一般の公道を封鎖して行われる市街地レースは、世界でも最も難しいコースの1つだと言われます。

 

事故

 

マカオグランプリでは雨が降ることも多く、事故が多いです。

近年香港の選手がクラッシュにより死亡したこともあり、慣れていても油断できない怖さがマカオのコースにはあります。

 

2018年はF3決勝でドイツの女性ドライバー、ソフィア・フローレシュ選手のマシンが大きなクラッシュを起こし、日本でもニュースになりました。

彼女はけがを克服して、2019年も再出場が決まっています。

また2017年にはモーターサイクルグランプリ決勝レースで、イギリスの選手が死亡するという痛ましい事故が発生しました。

この年にはGTワールドカップ予選レースで、20台中12台が多重クラッシュを起こし走行不能となるなど、大荒れしました。

 

TV放送

 

日本でも毎年TV放送が行われます。

今年はJ SPORTSで11月16~17日に生放送、BSフジで11月30日に2時間のダイジェスト版が放送される予定です。

 

マカオグランプリ公式サイトのスケジュールページからは、ストリーミングで動画と音声が視聴できます。

 

ツアー

 

毎年HIS主催の、日本から行くマカオグランプリ観戦ツアーが開催されています。

 

マカオグランプリ日程

マカオグランプリ 市街地レース



11月14日 フリー走行・予選レース

11月15日 フリー走行・予選レース

11月16日 予選レース

11月17日 決勝レース

 

コースは6時~18時の間レース専用に閉鎖され、日によっておよそ7:30~17:00の間利用されます。

 

公式スケジュールはこちら

※ストリーミングで動画が見られます。

動画ページはアジア太平洋地域と、全世界の2つが用意してあります。

 

マカオグランプリで行われるレース

 

マカオでは、車とバイク合わせて6種類のレースが開催されます。

  • FIA F3 ワールドカップ
  • FIA GT ワールドカップ
  • FIA WTCR レース
  • グレーター・ベイエリア・GTカップ
  • モーターサイクル・グランプリ
  • ツーリングカーカップ

 

中でもマカオで1番人気があるのが、F1の甲子園と称されるF3のレースです。

世界の若手が速さを競います。

 

マカオグランプリのコース

マカオグランプリ ギアコース



「ギアコース」と呼ばれる1周6.2㎞のコースは、マカオフェリーターミナルを出発してマカオ半島で最も高い丘ギアの丘を回り、また港へ戻ってきます。

スピードの出る海沿いの直線コースと、ヘアピンカーブなどテクニックが必要な山沿いのコースをあわせ持つ、難易度の高さが特徴です。

コースの最も狭い部分は幅7m、最も広い部分は幅14mと大きな差があり、一筋縄ではいきません。



マカオグランプリの観覧席

マカオグランプリ 観覧席

マカオグランプリの観覧席は3種類あります。

  • フェリーターミナルのスタートラインを正面に見据える「グランドスタンド」
  • グランドスタンドの脇を固める「レザボアスタンド」
  • リスボア・ベンドの正面に位置する「リスボアベンドスタンド」

 

11/16~17のリスボアベンドスタンドのみ指定席で、後は全て自由席です。



チケット料金

マカオグランプリ リスボア

リスボアベンドスタンド

11/14~15 

全席50MOP(約650円)

 

11/16~17 

グランドスタンド600MOP(約7,800円)

レザボアスタンド400MOP(5,200円)

リスボアベンドスタンド1,000MOP(約13,000円)

 

平日のチケットであれば、価格も手ごろで自由席ですし、当日でも空いています。

雰囲気だけでも味わってみたいという方は、せっかくですから見学してみてはいかがでしょうか。

白熱するレースを楽しみたいモータースポーツファンの方は、やはり週末の決勝レースがおすすめです。


チケットの買い方

マカオグランプリ 2019

グランドスタンド



チケットは直接購入とオンライン購入の2種類があります。

 

直接購入

 

マカオのチケット販売店のほか、香港や中国でも購入可能です。

欲しい日付とシートを伝えましょう。

 

マカオ

 観覧席近くに設置してあるTICKET BOXで購入できます。

黄色くて目立つので、見ればすぐわかります。

 

そのほか、

廣星傳訊有限公司 Kong Seng Paging Ltd. Macao Outlets 

  • ラザロ地区付近 住所:荷蘭園正街71號B地下
  • マカオ文化センター内 住所:冼星海大馬路文化中心

でも購入可能です。 

香港
  • 廣星傳訊有限公司 Kong Seng Paging Ltd. (西營盤地鐵站B3出口)
  • 康泰旅行社有限公司

 

中国

 

  • 康泰旅行社有限公司(深セン、広州)

その他珠海、中山などで購入可能

 

オンライン購入

 

マカオチケットというサイトで購入できます。

11/16~17のチケット購入には、1枚当たり25MOP(約330円)の手数料が必要です。

11/14~15は、手数料はかかりません。

 

購入の際は、Eメールアドレスやチケットのピックアップ場所の入力が必須です。

チケットは香港・マカオの廣星傳訊有限公司の他、レース当日フェリーターミナルやリスボアホテルの近くに置かれる臨時のボックスオフィスでも受け取れます。

 

マカオチケットはこちら



マカオグランプリ開催中の注意点

マカオグランプリ シャトルバス



フェリーターミナル発のシャトルバスの乗り場が変更になっているので注意しましょう。

海立方というカジノホテルの周辺に移動しています。

シャトルバス乗り場へは、フェリーターミナルから歩道橋を渡って徒歩5分ほどです。

また、市内の道路が封鎖されているため、路線バスのルートも変更になっているところが多いです。

シャトルバスや路線バスを利用する場合は、気をつけてください。

グランプリ期間中は、渋滞も頻繁に起こります。

移動の際は時間に余裕を持って行動しましょう。

 

マカオグランプリ開催中のお楽しみ

マカオタワー フードフェスティバル



マカオグランプリ前後の11/8~24は、マカオ・フード・フェスティバル(澳門美食節)が開催されます。

場所はマカオタワー前の広場です。

マカオ内のレストランが一堂に会し、お祭り気分で東西の美食を楽しめます。

毎年日本料理を集めた「日本村」が人気があり、2019年は新たに「北海道村」が新設される予定です。

毎年たくさんの人出でにぎわう人気イベントですから、スリにあわないようくれぐれも注意しましょう。

 

マカオグランプリで非日常を体感しよう!

 

この時期は欧米の観光客も多く、いつもとは少し違うマカオを楽しめます。

アドレナリン全開で楽しめるマカオグランプリ。

テレビで見るのもいいですが、現地で生の空気を感じる体験は格別です。

市街地レースとはいえ、安全のためコースは高い目隠しで隠されており、観覧席以外では見ることができません。

写真好きの方にもおすすめの、マカオグランプリをぜひ観戦してみてはいかがでしょうか。