マカオ鴛鴦茶通信

マカオ在住10年の政府公認ツアーガイドが、マカオの最新観光情報をわかりやすくお伝えします。治安が良いピカピカの街マカオで、非日常体験をしてみませんか?

プロが教えるマカオタワーのアトラクション徹底ガイド

マカオタワー



マカオの人気観光スポットの1つ、マカオタワー。

ギネスに登録された世界最高のバンジージャンプが楽しめると、バラエティ番組でも度々紹介されています。

マカオを360°見渡せる絶景の展望台はもちろん、バンジージャンプを始めとしたスリル満点のアトラクションも人気です。

これまで1,000回以上マカオタワーに上ったマカオガイドが、マカオタワーのアトラクションの魅力と見どころを徹底的に紹介します。

※1MOP(マカオパタカ)=約13円(2019年11月現在)

 

 

有名人も多数来訪

マカオタワー アトラクション



館内には、アトラクションに挑戦した有名人の写真が飾ってあります。

日本の芸能人は、

  • 松山ケンイチ
  • 錦戸亮
  • セロ(マジシャン)
  • 渡辺大輔(ウルトラマンメビウス)

などです。

それ以外にも、AKBなどのアイドルや芸人さんもテレビ番組などの企画でジャンプした方が多数います。

 

マカオタワーの目玉!360°の絶景が楽しめる展望台

マカオタワー 展望台



マカオタワーといえば、展望台からの景色を楽しむのがおすすめです。

ぜひ一度は上ってみてください。

バンジージャンプなどのアトラクションに挑戦しなくても、十分スリルを味わえると人気があります。

 

展望台料金

展望台大人(12歳以上)165MOP(約2,300円)

65歳以上と3~11歳95MOP(約1,300円)※要パスポート提示

2歳以下無料

アトラクション

マカオタワー 景色



マカオタワー61階では、4種類のアトラクションに挑戦することができます。

マカオタワーのアトラクションは、海外オプショナルツアーで有名なKKday で予約できます。

割引になることがあるので、フリープランの方はぜひチェックしてみてください。

 

 

スカイウォーク

マカオタワー スカイウォーク



 

命綱をつけてインストラクターの先生について、タワー外の通路をぐるりと一周します。

身を乗り出したり、足を投げ出したりしながら、記念写真を撮りつつ15分ほどかけて進みます。

見ているこちらがドキドキしますが、幼稚園くらいのお子さんから参加可能です。

多少の雨なら決行します。雨の日は滑らないように、くれぐれもご注意ください!

 

スカイウォーク料金

888MOP(約12,400円)

写真、Tシャツ込み

 

スカイジャンプ

 

頭から落ちるバンジーと違い、足から落ちます。

自由落下ではなく、速度を調整しながら18秒で下まで落ちます。

過去、60代の日本人女性のチャレンジが報告されています。

挑戦者の感想は「もっと速度が欲しい」でした。

 

スカイジャンプは、2人で一緒にダイブするタンデムジャンプもできます。

ドキドキと密着感で、2人の仲がぐっと深まること間違いなしです。

 

スカイジャンプ料金

3,188MOP(約44,600円)

タンデムスカイジャンプ2名で4,065MOP(約56,900円)

各スカイウォークと写真、ビデオ、Tシャツ込み

 

タワークライム

マカオ タワークライム

展望台の最上階233mからタワーの頂点にあたる338m地点まで、手と足で70~80分かけて登るアトラクションです。

命綱とヘルメットを装備して、インストラクターにつきます。摩天楼から見下ろすマカオは、格別の気持ちよさを味わえるでしょう。

先日テレビ番組の企画で、タワークライムの後マカオタワーのてっぺんで生着替えするというチャレンジが放送され、見ていた人の多くが肝を冷やしました。

 

タワークライム料金

2,488MOP(約34,800円)

スカイウォークと写真、ビデオ、Tシャツ込み

 

バンジージャンプ

マカオ バンジー

頭から自由落下で、5秒ほどで200mくらい落ちます。ここが一番スリルのあるポイントです。

その後、ゴムでぐーっと100mほど引き戻されます。

足元のひもを引っ張ると両足を固定している部分が外れ、体が上下反転して頭が上を向きます。

後は腰のハーネスで支えながら、空中ブランコのようにゆっくりゆっくり下りるだけです。

タワーに取り付けられた3つの定点カメラに加えてGoProを腕につけて飛ぶので、とても臨場感のある映像が撮れますよ。

世界一のバンジージャンプ経験をリアルに残せるので、いい記念になりますね。

 

バンジージャンプ料金

3,788MOP(約53,000円)

スカイウォークとTシャツ込み

 

バンジージャンプをやってみた感想

f:id:macao-guide:20190826114908j:plain

実際に飛んでみて、落ちている瞬間はとにかくものすごいGがかかって、血管が切れるかと思いました。

目を開けているだけで精いっぱいで、声も出ません。

ぐんぐん黄金のハスの花のオブジェが近づいてきて、壁に激突しないかなと気になりました。

(※左右をワイヤーで固定されているので、実際は壁にぶつかることはありません。)

一度下まで落ちて足を外してからは安定感があり、周りの景色を見る余裕が出ました。

遊園地のような感覚で、マカオで1番眺めのいい場所を楽しめるアトラクションです。

飛んだ後は気分爽快で、嫌なことを全部忘れられるような気分になります。

ちょっと癖になりそうな感覚です。

 

アトラクション営業時間

平日10:00~21:00、

週末9:00~21:00

※9月から6月の平日はバンジージャンプ受付19:30まで

 

マカオタワーでの事故

ちなみに、今までで1度だけマカオタワーで事故が起こりました。

死亡事故ではありませんので、安心してください。

バンジージャンプの挑戦者が途中で引っかかってしまい、40分間宙づりになるという事故でした。

以降万全な点検を行い、現在は安全に稼働しています。

 

【地下2階入場口】ここから一気に上昇!

マカオタワー 入場



展望台に上る場合は、エスカレーターで地下に降り、まっすぐ進んでエスカレーターでもう1階降りた左手が入場口です。

地下2階入場口付近のトイレは大きくて、ほとんど並ぶ必要がありません。

トイレの先に展望台のチケット売場、アトラクション受付があります。

アトラクションを予約済の場合は、ここで受付をしましょう。

 

 

【58階メイン展望台】スリル満点!ガラス張りの床とバンジー生中継

マカオタワー 58階

いよいよ展望台に到着です。

マカオタワー展望台観光のポイントを、わかりやすく案内します。

エレベーターには階数表示がないので注意

 

エレベーターに乗り込んだら、40秒ほどで58階に到着です。

階数表示がなく、少々わかりにくいので注意しましょう。

58階は上から4番目の「觀光主層」のボタンを押します。

冷房が効いていて、暑い季節も快適に過ごせます。

記念撮影のポイント

 

記念撮影する際は、逆光になってしまいますのでフラッシュをたくと顔映りがきれいです。

マカオのランドマーク・グランドリスボアが目立ちます。

聖ポール天主堂跡も見えますので、探してみてくださいね。

天気がいい日は、コタイ地区のベネチアン、ギャラクシー、パリジャンやエッフェル塔も一望できます。

 

ガラス張りの床はスリル満点!

マカオタワー ガラス張りの床

 

58階の見どころは、2か所ある足元がガラス張りになっている部分です。下の方までのぞき込んで、スリルを味わえます。

 

バンジージャンプを見逃すな!

 

もう1つの見どころは、バンジージャンプの生中継です。

テレビには、61階にあるバンジージャンプのスタンバイエリアの映像がリアルタイムで流れています。

上から落ちてくる命知らずの挑戦者たちを、目の当たりにすることができますよ。

落ちるのは一瞬ですから、見逃さないようにしっかり目をこらしてください。

 

【61階最上階】ドキドキのアトラクションと絶景を楽しもう

マカオタワー 展望台

61階、最上階に上がるとすぐ左手に小さな売店があります。

ここではビールなども販売しています。

また右手のカウンターでは、バンジージャンプ後の動画も確認できます。

バンジージャンプに挑戦した後、動画を購入しようか悩んでいる場合は、ここで名前を伝えて見せてもらうといいでしょう。

 

61階は外の風が入ってくる作りになっています。

雨風の強い日は場所によって雨が降り込むことがあるので、屋内だからと油断せず傘を準備しておくと安心です。

ウィンホテルの向こう側には、港珠澳大橋が見えます。

 

左手の川のような細い海の向こうは中国本土で、広東省珠海市です。

中国本土が泳いで渡って来れるくらいマカオのすぐ近くにあるのがよくわかります。

これを驚くお客さんも多いです。

 

アトラクション受付とスタンバイエリア

マカオタワー バンジー受付

ここが61階のアトラクション受付です。

ここで誓約書などを書いて、参加者が着用するTシャツを受け取ったら、着替えてスタンバイに入ります。

 

マカオタワー バンジー



ここで靴を履き替えたり、ハーネスをつけたりします。

ジャンプの挑戦者は、器具をつけてから体重を測ります。

体重制限がありますが、器具をつけて120㎏までならアトラクションに挑戦可能です。

マカオタワーのバンジーをプロデュースしているAJハケットは、2018年までに世界中で400万人をジャンプさせている経験豊富なプロ集団です。

安心してマカオの空に身を投げてください!

 

行き方・アクセス

 

マカオタワー バス

マカオタワーへの行き方を、交通手段別に紹介します。

 

シャトルバス

 

MGMコタイとスタジオ・シティのシャトルバスを利用できます。

ホテルシャトルバス乗り場とニューヤオハン後方シャトルバス乗り場の2か所から乗車可能です。

乗車前に必ずスタッフに「マカオタワー?」と聞いて、行き先を確認しましょう。

 

  • MGMコタイから

運行時間:10:30~21:00、90分おき

 

  • スタジオシティから

運行時間:13:00~20:00、30~44分おき

路線バス

 

バスなら「澳門旅遊塔」で下車します。

運賃は6MOP(約80円)、ICカードのマカオパス(澳門通)利用なら3MOP(約40円)です。

  • リスボアホテル前のバスターミナル「亞馬喇前地」からなら「9A、23、32」番のバスに乗ります。所要時間15分ほど。
  • ニューヤオハン後方のアニム・アルテ南湾入口、「雅文湖畔」というオブジェのあるマクドナルド前のバス停からなら「9A、18、18B、23、32」番のバスに乗り、所要時間10分程度です。

タクシー

タクシーの場合は「澳門觀光塔」とメモに書いて渡すのが確実です。

ガイドブックや地図を見せてもOKです。

英語は伝わらないことが多いです。漢字や筆談を活用しましょう。

ガイドブックは「地球の歩き方 マカオ 2018~2019 」がおすすめです。

 

   

 

施設情報

 

マカオタワー 

澳門觀光塔 Macau Tower

入場無料

住所:澳門觀光塔前地

 

マカオタワーを満喫しよう!

マカオタワー 夜景



マカオをぐるりと一望できる展望台は、一番のおすすめです。

ギネスに登録された世界一のバンジージャンプは、やり切った爽快感がたまりません。

マカオを代表する観光地、スリルと絶景が楽しめるマカオタワーに、ぜひ一度足を運んでみてください。