香港マカオ台湾は国?中国語は通じる?

香港とマカオ、台湾は独立しているのでしょうか?

それとも中国なのでしょうか?

マカオ在住10年以上のツアーガイドが解説します。

TwitterInstagramではマカオの最新情報を、YouTubeではマカオの都市伝説や文化を紹介しています。ぜひチェックしてくださいね!
広告

香港とマカオは中国

香港は1997年にイギリスから、マカオは1999年にポルトガルから中国に返還されました。

そこから50年間は一国二制度を敷く「特別行政区」です。

一国二制度とは、行政は香港・マカオ両政府が行い、外交と国防は中国が行うというシステムです。

実際はマカオでも徐々に中国本土出身の政治家が増えていますし、香港デモの結末を見れば返還後50年待たずに中国色が色濃くなっているのを感じます。

 

一方、台湾は中華民国であり、中華人民共和国(中国)ではありませんね。

中国側は「1つの中国」と言って、台湾を接収しようとする思惑が見えますが、台湾に住む人にとっては抵抗があると思います。

香港危機の深層 「逃亡犯条例」改正問題と「一国二制度」のゆくえ [ 倉田徹 ]

 

中国語は通じる

基本的には、香港マカオ台湾のいずれでも中国語はたいてい通じます。

 

台湾の場合

台湾には「國語」のほか、「台湾語」や、少数民族による独自の言語があります。

「國語」は、一般的に中国語と言われる「北京語」、いわゆる「普通話」とほぼ同じです。

つまり台湾では、中国語が一般的に通じます。

 

ただし、台湾独特の言い回しがあり、中国本土の大陸中国語との使い分けがあります。

聞く人が聞けば、よそ者がわかる、ということですね。

【期間限定P2倍】【あす楽】京鼎樓(ジンディンロウ)小籠包 24個入【送料無料!】 JINDINROU 小籠包 点心 台湾 ギフト 手土産 お中元【お買い物マラソン開催中】

 

広告

香港マカオの場合

香港マカオの公用語は「広東語」です。

「広東語」は中国語の方言です。

方言と言っても、日本語だと青森弁と鹿児島弁くらいは違います。

日本語ガイドの同僚同士で話すとき、中国本土出身の方と香港出身の方が、周りに日本人がいなくても日本語で話していたのを見て、面白いなと思いました。

中国語(北京語、普通話)と広東語では言葉が全然違うので、それぞれの母国語をぶつけながら話すよりは、日本語で話した方が理解しやすいと言っていました。

 

ただし、香港もマカオも中国からの移民が増えていることや、中国人観光客が増えていることから、現在は中国語を話す人も多いです。

ローカルな市場や小さな商店でも、よほどでない限りは中国語が通じます。

 

ですが、もし地元の人と仲良くなりたいなら、カタコトやあいさつだけでも広東語を覚えると喜ばれます。

ちなみに同じ広東語でも、広州など大陸の広東語と香港マカオの広東語では、言い回しや語彙に違いがあります。

 

独特の文化が面白い

香港マカオ台湾は、食事や街並みはもちろん、中国本土と一線を画した文化やエンターテイメントが魅力です。

香港映画や台湾スターなど、日本で人気のコンテンツもありますよね。

中国と比べると規制が少ない分、考え方も比較的日本人に似ている部分があると思います。

香港映画100の情景 輝く世界と自由な記憶 [ 林 加奈子 ]

広告