子連れマカオ旅行プール遊び持ち物リスト決定版!

夏場のマカオは湿度が高く、外出する気がおきないほどです。

夏休みのマカオ旅行なら、プール遊びを予定に入れておくのもおすすめです。

マカオで泳ぐ際に準備したい、私の鉄板持ち物リストを紹介します。

TwitterInstagramではマカオの最新情報を、YouTubeではマカオの都市伝説や文化を紹介しています。ぜひチェックしてくださいね!

プールを満喫したパリジャンマカオ宿泊の様子は、以下の動画をチェック!

水着

まずは水着です。

水泳キャップは必要ありません。

もし万が一忘れてしまったら、プールやショッピングモールのスポーツショップなどで購入することもできます。

水着の貸出はありません。

 

水着の上に羽織るもの(水に濡れても良いもの)

ロッカーからプールまでや、広いプールだと移動の際に羽織るものがあると体の線が丸見えにならず、恥ずかしくありません。

濡れた水着の上からでも羽織れる、乾きやすい素材のものがおすすめです、

 

私はプールサイドでは、新婚旅行の帰りにドバイの空港で買ったものを愛用しています。

ゴージャス感があって、リゾート気分が盛り上がるのでお気に入りです。

プールへの行き帰りは、さらっとした素材のリゾートワンピか、スポーツウェアを着ています。

息子にはプールから上がったら、フード付きのポンチョを着せます。

行きはTシャツ+海パン、帰りは乾きやすいスポーツユニフォームのセットアップを着せています。

 

【即納】ビキニ カバー 花柄レース 刺繍カーディガン 水着の上に着るビーチガウン 前開きUV対策 レディース 七分袖 リゾート 海/ビーチ カジュアル 海外旅行 海外セレブ トップスレース コーデ 夏 UVカット 日焼け対策 薄手 透け感 冷房対策 オシャレ アウター 羽織り

ポンチョ タオル プールタオル 女の子 男の子 キッズ 子供 ラップタオル ビーチタオル 速乾 着替えポンチョ 吸水性 バスタオル ベビー フード付き ms718137 modomoma

 

下着

泳いだ後の替えの下着です。

部屋からプールまでは、あらかじめ水着を着ていくと時短になります。

帰りに着るための下着を、忘れずに持ちましょう。

 

広告

ビーチサンダル

旅行では、街歩き用のスニーカーとは別に、濡れてもいいビーチサンダルを用意しておきます。

夏の強い日差しを受けたプールサイドは、かなり熱くなります。

お部屋からプールまでかなり歩くこともあるので、はき慣れた歩きやすいものがおすすめです。

【送料無料】ビーチサンダル 子供用 マシュマロのように柔らかい天然生ゴム 植物由来 ヒッポブルー(hippo bloo)キッズ 【あす楽対応】

 

日焼け止め

マカオは日本と比べると日差しが強く、紫外線が強いため、日焼け止めは必須です。

マカオにはSPF50以上の日本では見かけないようなものも売っています。

プールでは、汗や水に強いウォータープルーフのものが最適です。

水に濡れても白浮きしないものを選びましょう。

 

日焼けは軽いやけどのようなもの。

肌の老化にもつながります。

お子さんの肌を守るためにも、鼻やほほなど顔の高い部分や、肩や背中には特にしっかり塗ってあげましょう。

【企画品/UVミルク12mlボトル1個付き】資生堂 アネッサ パーフェクトUV スキンケアジェル a(90g)【spts8】【アネッサ】

 

防水スマホケース

防水のスマホケースがあれば、リゾート気分を写真や動画に残すことができます。

最高の気分をリアルタイムでSNSに投稿して、友人たちとシェアするのもいいですね。

スマホをプールサイドに置きっぱなしにするのは危険です。

置き引きが心配ですので、防水ケースがなければロッカーに入れて、プールには持ち込まないことをおすすめします。

【100円OFFクーポン】全機種対応 スマホ 完全 防水ケース IPX8 | iPhone 12 pro 11 XS XR X 8 7 AQUOS アクオス XPERIA oppo エクスペリア カバー ケース マルチポーチ 防水 お風呂 海 プール 水中撮影 かわいい ポーチ 携帯 防塵 防水ポーチ スマートフォン スマートホン

 

水鉄砲など水遊びグッズ

水鉄砲やビーチボールなどの水遊びグッズがあると、子供がより楽しめます。

マカオのホテルプールでは、ライフジャケットの貸出はあっても、おもちゃの貸出はないか、あっても有料です。

泳ぎを覚えたいお子さんには、水中メガネがあるといいですね。

 

サングラス

日差しが強いので、お天気のいい日はあると助かります。

ただし日焼け跡がつくこともあるので、気になる場合は、泳ぐ際は外しておいた方が無難です。

 

シャンプー、ボディソープ

こちらはホテルのプールには不要ですが、市民プールに行く際は必須です。

市民プールには簡単な水シャワーしか設備がありません。

髪や肌を傷めないために、トラベル用のシャンプーとコンディショナー、ボディソープを準備していきましょう。

【BOTANIST バスケアセット】トラベルセット ボタニスト ボディソープ シャンプー トリートメント ボディーソープ ヘアケア 旅行用 ミニサイズ トライアル お試しセット

 

【いらないもの】帽子

女性は日よけの大きな麦わら帽子などを持って行きたくなるかもしれません。

リゾート感があって素敵ですが、プールサイドにはたいていパラソルがあるので、実際は不要です。

また、顔が影になって写真映りが悪くなるので、あまりおすすめしません。

せっかくなので、日焼け止めでカバーして、夏の日射しをとともに思い出に残すのがベストです。

子ども用の水に濡れてもいい日よけの帽子は、あってもいいと思います。

 

夏を楽しもう!

夏は海や市民プールなど、家族やデートで泳ぎに行く機会が多いですね。

マカオの海は遠浅で、あまりきれいではありません。

海で泳ぐ人は少なく、ほとんどはホテルのプールや市民プールを利用します。

準備万端でプール遊びを楽しみましょう。

 

マカオのガイドブックは地球の歩き方 マカオ 2018~2019がおすすめです。地図が素晴らしい。 地球の歩き方 マカオ 2018~2019 以下におすすめのマカオ旅行本を紹介しておきます。 マカオ行ったらこれ食べよう!: 地元っ子、旅のリピーターに聞きました。 CREA Traveller Autumn 2019 (新しさと懐かしさと 香港・マカオ) ことりっぷマカオ'19
広告