マカオ鴛鴦茶通信

マカオ在住10年の政府公認ツアーガイドが、マカオの最新観光情報をわかりやすくお伝えします。治安が良いピカピカの街マカオで、非日常体験をしてみませんか?

【マカオ世界遺産】カーザ庭園はコロニアル風が美しい映えスポット

マカオ カーザ庭園

マカオ世界遺産の美しい穴場スポット、カーザ庭園について紹介します。

写真映えする素敵な場所でありながら、観光地の中心から少し離れたローカルエリアにあり、観光客が少なくのんびりした雰囲気の場所です。

※情報は2020年6月現在のものです。

 

 

 

マカオの最新情報や現地の様子を Twitter(@macaukiva)で発信しています。

ぜひフォローしてくださいね!

 

 

 

カーザ庭園は写真映え抜群の世界遺産

マカオ カーザ庭園

 

カーザ庭園は、白とピンクがかわいい建物が映える世界遺産です。

旅行団体の来ない場所にある、週末の混み合う時間でも割と人が少ない穴場ポイントで、雰囲気のある素敵な写真が撮れます。

特に天気のいい晴れた日は、青空と建物のコントラストが抜群の美しさです。

 

建物内では展覧会などを開催

カーサ庭園の建物内では、不定期で写真展やアートの展覧会を開催しています。

芸術やジャーナリズムに触れ、建物内部を見学できる貴重な機会です。

時間があれば、のぞいてみましょう。

基本的に入場無料です。

館内は撮影禁止なので注意してください。

 

 

カーザ庭園の歴史

マカオ カーザ庭園 世界遺産




カーザ庭園は、ポルトガルの豪商マヌエル・ペレイラの邸宅でした。

コロニアル様式の建物は、18世紀中頃に建築されたものです。

 

その後、建物を東インド会社が借り上げ、イギリスとマカオをつなぐ拠点として使用していました。

中国に流すアヘンをここにプールしていたそうです。

現在は、文化保護の資金を取り扱う東方基金会が管理を行っています。

アクセス・行き方

マカオ カーザ庭園 世界遺産

 

聖ポール天主堂跡から徒歩で向かうのが最も早くて確実ですが、バスでも行けます。

マカオのガイドブックは地球の歩き方 マカオ 2018~2019がおすすめです。地図が素晴らしい。

 

徒歩で

カモンエス公園隣接

プロテスタント墓地隣接

聖アントニオ教会から徒歩3分

ナーチャ廟から徒歩6分

聖ポール天主堂跡から徒歩7分

セナド広場から徒歩15分

 

バスで

「白鴿巢前地」(カモンエス広場)下車すぐ

 

  • リスボア前バスターミナル「亞馬喇前地」から「8A」に乗車

所要時間約20分

8~12分に1本

 

  • セナド広場前「新馬路/永享」から「8A、18A、19」に乗車

所要時間約15分

5~12分に1本

 

  • 媽閣廟近くのバスターミナル「媽閣総站」から「18、18B」に乗車

所要時間20分

6~15分に1本

 

  • スタジオシティ、パリジャン、タイパフェリーターミナル、マカオタワーから「26」に乗車

所要時間20~50分

18~25分に1本

 

運賃:6MOP(約80円)、マカオパス利用で3MOP(約40円)かつ最初の乗車より45分以内の乗り継ぎ無料



施設情報

 

カーザ庭園

東方基金會會址

Casa Garden

 

住所:白鴿巢公園側

開放時間:10:00~19:00

定休日:月曜

入場無料

 

 

 

カーザ庭園はおすすめの穴場スポット

マカオ 世界遺産 カーザ庭園

とても美しい写真が撮れるロマンチックな映えスポット、カーザ庭園は観光客が少ないおすすめの穴場です。

マカオで1番の見どころ、世界遺産の聖ポール天主堂跡から歩いてすぐの場所にありますので、少し足を延ばして訪れてみてはいかがですか?

カーザ庭園周辺には、プロテスタント墓地やカモンエス広場、聖アントニオ教会など世界遺産の見どころがたくさんありますよ。

 

以下におすすめのマカオ旅行本を紹介しておきます。

 

地球の歩き方 マカオ 2018~2019

 

 

マカオ行ったらこれ食べよう!: 地元っ子、旅のリピーターに聞きました。

CREA Traveller Autumn 2019 (新しさと懐かしさと 香港・マカオ)

 

  

ことりっぷマカオ'19