マカオ鴛鴦茶通信

マカオ在住10年の政府公認ツアーガイドが、マカオの最新観光情報をわかりやすくお伝えします。治安が良いピカピカの街マカオで、非日常体験をしてみませんか?

マカオのチームラボスーパーネイチャー常設展開幕!一番早い体験談

チームラボ マカオ

2020年6月15日にオープンした「TeamLab超自然空間(SuperNature)」へ行ってきました!

子連れやデートにもぴったりの、ベネチアンマカオのチームラボを紹介します。

 

 

高さ8m、広さ5,000㎡の会場は、天井の高さを有効活用した、迫力満点の美しさです。

ここまで天井の高い会場は世界で初めてで、没入感たっぷりの見どころがたくさんあります。

お台場は1万㎡あるので、マカオはその半分の大きさですが、天井の高さはマカオだけの魅力です。

数年前、MGMマカオに期間限定でチームラボが来ていたことがありました。

今回besaiha 展示なので、今後の人気観光スポットになりそうです。

 

※情報は2020年6月現在のものです。

1MOP(マカオパタカ)=13.5円

 

 

マカオの最新情報や現地の様子を Twitter(@macaukiva)で発信しています。

ぜひフォローしてくださいね!

 

 

 

入場前に身軽になろう!

チームラボ マカオ

西ロビーから徒歩7~8分で会場に到着です。

スカートとヒール靴では入場できませんので、注意しておきましょう。

ベビーカー・荷物置き場あり

チームラボ マカオ 荷物

 

会場入り口付近には、自転車用のチェーンロックで留められるベビーカー、スーツケース置き場と傘立てがあります。

無料で誰でも利用可能です。

ただし、警備員やスタッフは常駐していないので、貴重品は残さず、肌身離さず身につけておいてください。

 

無料のコインロッカー

会場には560個ほどの普通サイズのコインロッカーがあり、全て無料で利用できます。

カバンなどの手荷物はここに入れてから、携帯やカメラだけ持って入場しましょう。

 

貸し靴サービスあり

もしうっかりヒールが高い靴で来てしまった場合や、入口でスタッフからNGを出された場合は、貸し靴(50MOP、約680円)や、100MOP(約1,400円)で販売しているおしゃれなぺたんこ靴があります。

こちらを利用しましょう。

販売用の靴は2つ折りできてコンパクトになるので、使い捨てにならず旅行用として今後も活躍してくれそうです。

 

入場はEチケットでらくらく

会場前にチケット売り場がありますが、QRコード等で簡単に入場できますので、事前購入が便利です。

各所に手指消毒用のアルコールがありますので、都度利用すると衛生的です。

6月現在は、マスクの着用と「澳門健康碼(マカオ健康コード)」の提示が必要となっています。

 

 

 

没入感がすごい!魅惑の作品の数々

チームラボ マカオ

花のイメージでいっぱいの空間にある、のれんをくぐっていくと次の空間が見つかります。

あちこちくまなく探検してみましょう。

 

花で敷き詰められた壁と床 

チームラボ マカオ

 

入ってすぐに私たちを迎えてくれるのは、花、花、花。

美しく集まっては散っていく花が幻想的です。

ずっと1か所に立っていると、足元に花が集まってくるようにプログラミングされているので、その瞬間を狙って写真を撮るのがおすすめ。

LEDライトの部屋は宇宙を旅するような美しさ

チームラボ マカオ

 

LEDで満たされた空間に進んでいくと、光の渦が私たちを包みます。

宇宙空間をワープしているような、タイムマシンに乗ったような、非日常感を味わうことができる部屋です。

 

 

お台場や豊洲、上海の会場のように、チームラボのアプリを使って作品に参加できるよう調整されています。

子連れの場合は、子どもがLEDに触らないよう、気をつけてあげましょう。

 

大きなボールで光る空間

チームラボ マカオ

 

LEDで光る大きなボールが、部屋中にしきつめられています。

色とりどりに変化するボールは、現実感を失っていくような美しさです。

空調でボールは上に吸い付くようになっています。

 

文字に触るとイメージに変化する

チームラボ マカオ

 

漢字が上から降ってきて、それにタッチすると文字がイメージに変わるという、日本でもおなじみのインタラクティブな作品です。

土や月、林、蛍など、優しいイメージのものが多く、いつまでも遊んでいたくなるような美しさがあります。

 

光の彫刻

チームラボ マカオ

 

レーザー光線で作られたショーは、約2分間で全部で11通りのあります。

床が鏡のようになっていて、反射でとても広い空間のようです。

直接レーザー光線を見ないよう、気をつけましょう。

 

運動の森

チームラボ マカオ

 

複雑で立体的な空間が創造力を育む運動の森の作品では、体を動かして遊ぶことができます。

元気な子どもや大人に、特におすすめです。

 

川をイメージした3D空間

複雑なデコボコの空間には、川のような水流をイメージした光が流れています。

流れの途中に立ち止まると、光が立っている場所を避けて二手に別れたりと本当の水流みたいです。

 

カエルや蛇、オオサンショウウオ、花など、実際に川沿いにいそうな植物や生物のぬりえが用意してあります。

色を塗ってスタッフに渡して、自分だけのオリジナルな生物が動き出すのを楽しみましょう。

 

宇宙空間でトランポリン

チームラボ マカオ

 

宇宙空間をイメージした空間で、思いきりジャンプを楽しみましょう。

宇宙遊泳の気分を味わえるかもしれませんね。

こちらは15歳までの子ども限定で遊べる作品です。

 

音楽を奏でるケンケンパ

チームラボ マカオ

 

踏むと音が鳴る、おなじみのケンケンパが、マカオに登場です。

水に浮かんでいるような丸や三角、四角など、同じ形を連続して踏むと、魚や鳥、蝶が生まれます。

ケンケンパで遊ぶ人も、見ている人も楽しめる仕組みです。

 

未来の遊園地

チームラボ マカオ

インタラクティブな体験型の作品は、みんなで一緒に何かを作り上げることを目的とした教育的なプロジェクトです。

未来の遊園地を楽しみましょう。

 

ぬりえで生み出す海の生き物

おなじみのぬりえは、海の生き物のものもあります。

クラゲや亀、魚などオリジナルなデザインで海をいっぱいにしましょう。

エサの入った袋にタッチすると、泳いでいる生き物たちが寄って来るのがかわいくて楽しいですね。

 

フルーツが弾けるすべり台

 

 

大人も楽しめるサイズのすべり台は、ツルツルで意外とスピードが出ます。

すべるとフルーツのイメージがはじけて、花火のようでとてもきれいです。

靴を脱いで遊びましょう。

 

小人の部屋

チームラボ マカオ

 

小人が住む部屋では、テーブルと壁にあるマグネットなどの小物を使うことで、新たな展開が生まれます。

道具を動かすと、どんな風に小人の動きが変わるのかな?

色々試して楽しみましょう。

 

触ると鳴く壁の動物

チームラボ マカオ

壁を移動している花柄の大きな動物たちは、触れると鳴き声を上げます。

ライオンやゾウを始め、様々な動物が会場の壁を移動しているので、見かけたらぜひタッチしてみてください。

鳴き声を知らなかった動物の声が聴けるかもしれませんよ。

 

アクセス・行き方

ベネチアンマカオ

 

ベネチアンホテルの西ロビー側、南チェックインカウンターから奥へ進んだ宴会場の3階

さらに奥へ進んだ催事場コタイエキスポの一番奥です。

パリジャン連絡通路近く。

 

施設情報

 

チームラボスーパーネイチャー

TeamLab SuperNature

TeamLab 超自然空間

 

住所:

ベネチアン・マカオ、コタイ・エキスポ・ホールF
澳門威尼斯人 金光會展展覽館F館
澳門路氹金光大道,望德聖母灣大馬路

開館時間:10:00~22:00(21:15最終入場)

定休日:第2・第4火曜

 

料金:

大人1日券238MOP(約3,200円)

午前入場券(12時以前入場)168MOP(約2,300円)

子ども(3~12歳)1日券168MOP(約2,300円)

ファミリーパッケージ(大人1人+子ども1人)358MOP(約4,650円)

ファミリーパッケージ(大人2人+子ども1人)468MOP(約6,300円)

ファミリーパッケージ(大人2人+子ども2人)476MOP(約6,400円)

 

入場の注意:

子どもは必ず大人が同伴すること

スカートとヒールの高い靴は入場不可

 

 

マカオのチームラボを楽しもう!

マカオのチームラボは、世界唯一の高い天井がうっとりするような視覚効果をもたらしています。

鏡と光、影を駆使した人気の施設で、1日中遊びつくしましょう。

海外旅行が再開する9月をターゲットに、新たな作品やティールームがオープンするそうです。

ティールーム予定地周辺には、お茶のいい香りが漂っていましたよ。

私も、またすぐに家族でリピートするつもりです。

 

現在HISの企画で、ZOOMを使ってマカオをオンラインでご案内するバーチャルツアーを担当しています。

まもなくチームラボのコースも登場しますので、お楽しみに!

  

 

マカオのガイドブックは地球の歩き方 マカオ 2018~2019がおすすめです。地図が素晴らしい。

以下におすすめのマカオ旅行本を紹介しておきます。

 

地球の歩き方 マカオ 2018~2019

 

 

マカオ行ったらこれ食べよう!: 地元っ子、旅のリピーターに聞きました。

CREA Traveller Autumn 2019 (新しさと懐かしさと 香港・マカオ)

 

  

ことりっぷマカオ'19