マカオ鴛鴦茶通信

マカオ在住10年の政府公認ツアーガイドが、マカオの最新観光情報をわかりやすくお伝えします。治安が良いピカピカの街マカオで、非日常体験をしてみませんか?

マカオ世界遺産制覇!ガイド直伝の最も効率的な回り方モデルコース・後編

マカオ世界遺産30か所めぐり、後半です。

セナド広場からカモンエス広場まで歩いて北上し、路線バスに乗って移動、ロープウェイを利用してギア灯台を目指します。

 

所要時間は最速でバス停まで約1時間、灯台までさらに40分ほどです。

ゆっくり見て回りたい方は、3~4時間ほどみておくことをおすすめします。

※情報は2020年2月現在のものです。1MOP(マカオパタカ)=約13.5円

 

マカオの世界遺産30か所めぐり、前編はこちらの記事をご覧ください。

マカオガイド直伝!世界遺産制覇の最も効率的な回り方モデルコース・前編

 

 

レアル・セナド・ビル(市政署/旧・民政総署)

マカオ レアルセナド

市政署は、昔のマカオの市役所でした。

2階の会議室は、現在でも記者会見の会場などに使われます。

1階ロビーのアズレージョはマカオで最も美しいと評判で、記念撮影にもおすすめです。

中庭は、ポルトガルの宮殿のものをモチーフに造られました。

 

施設情報

住所:No. 163 Av. Almeida Ribeiro (San Ma Lo)

開放時間:9:00~21:00

 

セナド広場

マカオ セナド広場

セナド広場は、マカオの世界遺産の中心に位置します。

ピンクやクリーム色のパステルカラーの建物に囲まれた、ポルトガル風の明るい雰囲気が魅力です。

季節ごとの飾り付けも見逃せません。

広場中央の噴水の前が、記念撮影のベストスポット

まるでヨーロッパのような美しい写真が撮れますよ。

 

見どころ満載!セナド広場から始めるマカオ観光の楽しみ方

施設情報

住所:Senado Square

開放時間:24時間

 

関帝廟(三街會館)

マカオ 三街會館 関帝廟

関帝廟には商売繫盛の道教の神様として、三国志の関羽が祀られています。

関羽は信義に篤く蓄財にも長けていたため、商売繫盛の神様として中華圏で広く愛されています。

目立たない場所にあって見つけにくいので、見逃さないように注意してくださいね。

 

◆関帝廟の見どころについては、こちらの記事をご覧ください。

マカオの世界遺産・三街会館(関帝廟)は商売繁盛のパワースポット

 

施設情報

住所:Rua Sul do Mercado de São Domingos

開放時間:9:00~18:00



仁慈堂

マカオ 仁慈堂

仁慈堂はアジア初の孤児院、社会福祉施設です。

現在は2階が博物館、1階はドラッグストアとして利用されています。

博物館入口前の通りは、ポルトガル風の写真が撮れる撮影スポットとして人気です。

 

仁慈堂博物館」には、マカオで作られて日本のキリシタン大名に贈られた、十字架の描かれた青磁器の壺など、珍しいものが数多く展示されています。

歴史好きな方におすすめです。

 

◆世界遺産エリアにあるおすすめの写真スポットについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

カラフルな彩りに夢中!マカオの世界遺産おすすめ写真スポット6選

 

施設情報

仁慈堂博物館

住所:Senado Square

開放時間:10:00~13:00、14:30~17:30

定休日:月曜・マカオの祝日

料金:5MOP(約70円)、学生と65歳以上は無料(要証明提示)

 

聖ドミニコ教会

マカオ 聖ドミニコ教会

 

聖ドミニコ教会は、メキシコからやって来たドミニコ修道会により建立されました。

ファティマの聖母が主催壇に祀られており、別名「バラ教会(玫瑰堂)」です。

教会に併設した「聖ドミニコ博物館」では、キリスト教ゆかりの芸術品を見学できます。

 

施設情報

住所:St. Dominic's Square

開放時間:10:00~18:00

 

聖ドミニコ博物館

開放時間:10:00~18:00

料金:無料



聖ドミニコ広場

聖ドミニコ教会前の小さな広場です。

教会をバックに、記念写真もおすすめ。

ヤシの木を少し入れて撮ると、南国風の雰囲気が出ます。

 

施設情報

住所:S. Domingos Square 

開放時間:24時間

 

盧家屋敷(ロウカウマンション)

マカオ 盧家屋敷

 

盧家屋敷は、マカオの初代カジノ王「盧華紹(盧九)(ロウ・ワシウ/ロウカウ)」の家です。

盧家の9番目に生まれた子供なので、広東語で「盧九(ロウ・カウ)」という愛称で呼ばれています。

子だくさんなんですね。

 

教会に囲まれたこの辺りでは珍しい、伝統的な中国の建築様式の建物です。

建物の内部には、随所に風水が散りばめられています。

おすすめは「富貴栄華」の透かし彫りです。

縁起が良く、とても美しいので、撮影スポットにもおすすめしています。

 

◆ロウカウマンションやその他のマカオの風水建築について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

金運アップ!マカオのユニークな風水建築7選

 

施設情報

住所:No.7, Travessa da Sé

開放時間:10:00~18:00(最終入館17:30)

定休日:月曜

 

カテドラル

マカオ カテドラル

 

マカオで最も権力のある教会が、カテドラルです。

キリスト受難行列など、マカオのキリスト教における重要なイベントが行われます。

高台にあり、昔は海岸線が見えたことから、船乗りの妻がここで夫の帰りを待ちました。

別名「望人寺(人待ち寺)」です。

 

こちらの教会は、観光客は入口から数歩しか入れません。

いつも誰かがお祈りをしているので、静かに見学しましょう。

 

施設情報

住所:No.1 Cathedral Square

開放時間:9:30~18:00

 

カテドラル広場

カテドラル広場は、マカオらしい噴水が印象的な、カテドラルの前にある広場です。

噴水のモチーフはタツノオトシゴで西洋、しゃちほこで東洋を表しています。

記念写真は、噴水の前に立ち、教会をバックに撮るのがおすすめです。

 

施設情報

住所:Cathedral Square

開放時間:24時間

イエズス会紀念広場

マカオ イエズス会紀念広場

 

カテドラル広場から、お土産通りを抜けて、聖ポール天主堂跡まで徒歩5分ほどです。

 

イエズス会紀念広場は、聖ポール天主堂跡前の広場です。

イエズス会がマカオに貢献した歴史をたたえて、この地名がつけられました。

 

若い男女の像は、女性が中国、男性がポルトガル、ハスの花がマカオを暗示しています。

2人を円が囲っていて、鶴が飛んでいるのには、中国とポルトガルの末長い友好を願うメッセージが込められています。

 

施設情報

住所:Company of Jesus Square

開放時間:24時間



聖ポール天主堂跡

マカオ 聖ポール天主堂跡

 

聖ポール天主堂は、アジア最大の教会、アジア初の西洋式大学としてマカオに誕生しました。

マカオ文化を代表する最も重要なシンボルであり、東西文化が複雑に絡む装飾が特徴です。

1835年の火事以来再建されず、正面のファサードだけがハリボテのように残っています。

 

◆聖ポール天主堂跡の見どころについては、こちらの記事をご覧ください。

マカオ観光ガイドおすすめ世界遺産!聖ポール天主堂跡の見どころ・アクセス・周辺情報

 

施設情報

住所:Company of Jesus Square

開放時間:9:00~18:00(最終入館17:30)

 

天主教藝術博物館および地下納骨堂

住所:Ruins of St. Paul's, Macao

開放時間:9:00~18:00(最終入館17:30)

定休日:火曜14:00以降

 

モンテの砦

マカオ モンテの砦

 

聖ポール天主堂跡から、マカオ博物館のエスカレーターを利用するとすぐです。

博物館が開館していないときは、歩いて上りましょう。

 

モンテの砦はマカオ最大の要塞で、「モンテの聖母要塞」と呼ばれました。

イエズス会によって運営されており、マリア像や礼拝堂が残っています。

マカオ市内と中国・珠海市を一望できる大パノラマは必見です。

大砲台のレプリカが残っており、かつての様子を思い起こさせます。

記念撮影の定番は、大砲とグランドリスボアを一緒に写真に納めるアングルです。

 

◆モンテの砦の見どころについては、こちらの記事をご覧ください。

マカオ・モンテの砦は絶景が魅力のおすすめ世界遺産! - マカオ鴛鴦茶通信

 

施設情報

住所:Mount Fortress

開放時間:7:00~19:00

 

マカオ博物館

開放時間:10:00~18:00(最終入館17:30)

定休日:月曜

料金:大人15MOP(約200円)、学生8MOP(約100円)

12歳以下と65歳以上、マカオID保持者は無料(要パスポート提示)

火曜日と毎月15日は無料

 

哪吒廟(ナーチャびょう)

マカオ ナーチャ廟

 

ナーチャ廟は1888年に建てられた、道教の少年神「哪吒(なた)(ナーチャ)様」を祀るお寺です。

この辺りで疫病が発生した際、村人の夢枕にナーチャ様が立ち、病気を治す方法を教えてくれたという伝説が残っています。

お寺の裏手、壁の向こう側には、ナーチャ神とマカオの祭事に関する資料を集めた「ナーチャ展示館」があります。

 

◆ナーチャ廟の見どころについては、こちらの記事をご覧ください。

マカオの世界遺産「ナーチャ廟」で疫病を退けた神様にお祈りしよう - マカオ鴛鴦茶通信

 

施設情報

住所:No. 6 Calçada de S. Paulo

開放時間:8:00~17:00

 

ナーチャ展示館

住所:Pátio do Espinho n.º 6, Macao

開放時間:10:00~18:00(最終入館17:30)

定休日:水曜

 

旧城壁

マカオ 旧城壁

 

旧城壁は、ナーチャ廟のすぐわきにある壁です。

ポルトガル人は、スペイン軍やオランダ軍から街を守るためにこの城壁を築き、内側で暮らしていました。

シュウナンボーというマカオ独自の素材は、カキの貝殻や土砂などを混ぜてあり、時間が経つにつれ堅固になっていくのが特徴です。

 

施設情報

開放時間:24時間

 

聖アントニオ教会

マカオ 聖アントニオ教会

旧城壁前の坂を下り、細い道を5分ほど北に向かって歩くと、聖アントニオ教会があります。

 

聖アントニオ教会は、マカオで最も古い教会の1つです。

ポルトガル・リスボン出身の聖人、聖アントニオは結婚を司ります

いいご縁が欲しい方におすすめです。

この教会ではよく結婚式が行われ、別名を「花王堂」といいます。

 

施設情報

住所:Santo António Square

開放時間:9:00~17:30

 

プロテスタント墓地

マカオ プロテスタント墓地

 

聖アントニオ教会から、道を渡ってすぐの場所にあります。

 

カトリックが主流のマカオで唯一の、プロテスタントの礼拝堂と墓地です。

墓地には、マカオで永眠したイギリス人やアメリカ人が埋葬されています。

礼拝堂は、ロンドンから初めて中国に派遣された伝道師、ロバート・モリソンの功績をたたえ「モリソン礼拝堂」と呼ばれています。

見どころは世界でも珍しい、漢字が書かれたステンドグラスです。

モリソンの功績は、聖書を中国語に翻訳・出版したことと、英中辞典を出版したことです。

日本人の英語学習にも飛躍的な進歩をもたらしました。

 

施設情報

住所:Beside Casa Garden

開放時間:8:30~17:30

 

カーザ庭園

マカオ カーザ庭園

 

ピンクと白のツートンカラーがかわいい建物は、ポルトガルの豪商マヌエル・ペレイラの邸宅でした。小さなマカオでは珍しい、広々とした庭のぜいたくな造りです。

その後イギリスの東インド会社に貸し出されました。現在は東方基金会の所有です。

建物では、不定期で写真の展覧会を開催しています。内部は撮影禁止です。

 

◆カーザ庭園で行われた展覧会を見学してきた際の記事はこちらです。

「世界報道写真展2019マカオ」胸を打つ写真は地球人必見! - マカオ鴛鴦茶通信

 

施設情報

住所:Beside Camões Square

開放時間:9:30~18:00

 

ギャラリー

定休日:土日とマカオの祝日

 

カモンエス広場

マカオ カモンエス広場

 

カモンエス広場は、かつて西洋人の生活エリアでありながら、現在ではすっかり地元の年配の人の憩いの場です。

マカオで1番のがっかり世界遺産ではありますが、東西文化の交流地点というポイントを考慮して、世界遺産の見どころに挙げられました。

 

広場に隣接するカモンエス公園はマカオ最大級の公園で、熱帯の植物や巨岩などが多数あります。

空気が澄んでいて気持ちいいので、時間に余裕があれば公園を散策するのもおすすめです。

 

施設情報

住所:Camões Square

開放時間:24時間

 

カモンエス公園

住所:Praça de Luís de Camões, Macau

開放時間:6:00~22:00

二龍喉公園からロープウェイに乗車

マカオ 松山ロープウェイ

 

カモンエス広場からバスに乗って、二龍喉公園へ行きましょう。

公園にはロープウェイがあり、ギア灯台の近くまでラクラク行くことができます。

 

カモンエス広場「白鴿巢總站」から「17」番乗車「二龍喉公園」下車すぐ

所要時間約15~20分、6~10分に1本

料金6MOP(約80円)

マカオパス利用で3MOP(約40円)

 

路線バスの乗り方やマカオパスについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

マカオの路線バスに挑戦!初心者向け乗り方案内・基本編

便利でお得なマカオパス(澳門通)は路線バスの旅の強い味方!

 

松山ロープウェイは世界で最も短く、時間にして3分程度です。

ロープウェイを降りたら、前方右手のハイキングコースに進みます。

道なりに10分弱歩くと、前方が開けて灯台が見えてきます。

1日よく歩いた分、最後の場所にたどり着いた時の感動もひとしおです。

 

◆二龍喉公園の見どころは、こちらの記事をご覧ください。

マカオで桜!二龍喉公園は家族におすすめの癒しスポット - マカオ鴛鴦茶通信

 

施設情報

松山ロープウェイ

住所:Avenida do Sidónio Pais, Macau

開放時間:8:00~18:00

定休日:月曜、月曜がマカオの祝日の場合は火曜

料金:片道2MOP(約30円)往復3MOP(約40円)

 

ギア灯台およびギア聖母礼拝堂

マカオ ギア灯台 礼拝堂

マカオ半島で最も高い丘、ギアの丘に立っており、記念撮影にもおすすめのスポットです。

最初の灯台は、1865年に造られました。

現在でも現役で、毎晩灯台の光を見ることができます。

 

礼拝堂は、東西文化の融合を示すマカオらしいフレスコ画が見どころです。

聖母マリアや天使の絵とともに、狛犬や盆栽の絵が描かれています。

 

施設情報

住所:Guia Hill

開放時間:要塞9:00~18:00、礼拝堂10:00~17:00(写真撮影禁止)

 

マカオの世界遺産を全て制覇しよう!

マカオの世界遺産は、30か所ととても多く見応えがあります。

基本的に全ての施設を無料で見学できるので、歴史好きや写真好きな方は、ぜひ時間をかけてじっくり回ってみてください。

マカオらしさをあちこちに発見できると思います。