マカオ鴛鴦茶通信

マカオ在住10年の政府公認ツアーガイドが、マカオの最新観光情報をわかりやすくお伝えします。治安が良いピカピカの街マカオで、非日常体験をしてみませんか?

【アートマカオ2019】マカオ博物館のシルクロード展が面白い

f:id:macao-guide:20190826091246j:plain



マカオ博物館で開催中の「絲路古憶〜西夏文物特展(シルクロードの追憶〜西夏王朝の遺物展)」に、子どもと行ってきました。アートマカオの一環で、10月6日まで見学できます。

 

 

シルクロードと西夏王朝

f:id:macao-guide:20190826091314j:plain


シルクロードの拠点として貿易で栄えた西夏王朝は、チベット・ビルマ系タングース族の王国でした。11世紀に誕生しましたが、13世紀にチンギス・ハーンが攻めてきて滅亡しました。その後王宮は砂に埋もれてしまい、西夏王朝は長い間謎に包まれることとなりました。

 

このイベントでは、独特の西夏文字など様々な文化と芸術が花開いた、伝説の西夏王朝の考古学的な遺物が一堂に展示されています。西夏地区以外では初めて公開されるものも数点あり、シルクロードファン垂涎のお宝が見られます。

 

新感覚!文化遺産を手に取るようにぐりぐり動かせる!

f:id:macao-guide:20190826091345j:plain

f:id:macao-guide:20190826091351j:plain

 

展示の中でも特に面白かったのが、タッチパネルでの紹介です。画面上で、文化遺産を360°回転して見学することができるという試みです。上下左右、自分の好きな方向からインタラクティブに展示物を見られます。

 

私は博物館や美術館が好きで世界中色々見て回りますが、こういったスタイルの展示は初体験でした。中国語や英語がわからなくても感覚的に操作できるので、ぜひ一度試してみてください。子どもも喜んで楽しく学んでいました。

 

西夏王朝の文化を知る様々な展示品

f:id:macao-guide:20190826091422j:plain

f:id:macao-guide:20190826091430j:plain


西夏文字、西夏仏教、西夏工芸を始め、西夏建築や寧夏岩絵など幅広いジャンルの文化遺産が納められています。

f:id:macao-guide:20190826091513j:plain

 

これは「鎏金銅牛」と呼ばれる、今回の展示の目玉です。本来は金箔でメッキしてあり、西夏で牛は神様として大切にされていました。

f:id:macao-guide:20190826091555j:plain

人面鳥人像です。ガルーダ神を象徴しており、仏教建築に取り入れられました。

f:id:macao-guide:20190826091611j:plain

 

日本では狛犬として知られている、魔よけの獅子です。レリーフに使われました。

 

神の山に刻まれたダイナミックな岩絵

f:id:macao-guide:20190826091634j:plain

f:id:macao-guide:20190826091643j:plain

 

寧夏回族自治区で神の山と呼ばれた、賀蘭山に刻まれた壁画の展示です。賀蘭山は、200㎞以上に渡る大きな山脈で、そこには数万もの5,000年以上前の壁画が残っています。展示されていたのは太陽神や手、牛などの動物の岩絵を、版画のように写し取ったものです。大胆かつ繊細で、ダイナミックでプリミティブなタッチに心が躍ります。

夏休みの自由研究にもおすすめ

f:id:macao-guide:20190826091704j:plain

f:id:macao-guide:20190826091711j:plain

 

子ども向けに、楽しく学べるエリアもありました。ブロックを並べたりスタンプを押したり、福笑いをしながら西夏の文化遺産について知ることができます。小学生くらいのお子さんなら、自由研究の題材にも最適だと思いました。

シルクロード展以外にも楽しめる!

博物館常設展

f:id:macao-guide:20190826091756j:plain

マカオ博物館では、アートマカオ特別展の他に、常設展も楽しめます。マカオの歴史や産業、文化風俗を学べる、見応えのある博物館です。カジノが立ち並ぶ今のマカオからは想像できないような、のどかな昔の雰囲気が味わえますよ。

モンテの砦でアートに親しむ

f:id:macao-guide:20190826091822j:plain

 

博物館が隣接する世界遺産モンテの砦は、マカオを360°見渡せる絶景スポットです。今年はアートマカオの屋外アートインスタレーションとして、ハンモックのエリアが作られました。マカオのアーティストによる「サンクチュアリ」という作品です。風に揺られながら、のんびり過ごすこともできます。博物館見学の前後に、ぜひ訪れてみてください。

 

 

www.macao-guide.com

 

 

www.macao-guide.com

 

行き方・アクセス

 

f:id:macao-guide:20190826091914j:plain

 マカオ博物館は、世界遺産モンテの砦に隣接しています。モンテの砦は、聖ポール天主堂跡のすぐ隣です。モンテの砦に入って左手奥に、博物館のエスカレーターがあるので利用しましょう。

 

アクセスは徒歩かタクシーです。マカオ半島のホテルから出発する場合や、観光中ならだいたい徒歩で行けます。セナド広場から20分程度です。フェリーターミナルやコタイ地区からは、タクシーが便利です。メモに漢字で「大三巴」と書いて渡せば、聖ポール天主堂跡の裏手のタクシー乗り場まで行けます。

f:id:macao-guide:20190826091932j:plain

住所:澳門博物館前地112號

開館時間:午前10時~午後6時(午後5時半入場停止)

定休日:月曜日(マカオの祝祭日は開館)

 料金:大人15MOP(約200円)

学生割引8MOP(約100円) ※要パスポート提示

12歳以下と65歳以上無料 ※要パスポート提示

マカオの身分証保持者無料 ※要身分証提示

毎週火曜日と毎月15日は無料開放

 

www.macao-guide.com

 

 

シルクロードのロマンに思いを馳せよう!

f:id:macao-guide:20190826091952j:plain

シルクロードの時代に栄華を極めた、謎に包まれた伝説の西夏王宮。美しく貴重な美術品はもとより、インタラクティブな展示方法も楽しく新鮮でした。マカオ博物館は、世界遺産観光の最重要ポイント聖ポール天主堂跡からも近く、大人から子どもまで知的好奇心を満たせます。長いマカオの夏を涼しく過ごせるアートマカオは、家族旅行や雨の日にもおすすめです。