マカオ鴛鴦茶通信

マカオ在住10年の政府公認ツアーガイドが、マカオの最新観光情報をわかりやすくお伝えします。治安が良いピカピカの街マカオで、非日常体験をしてみませんか?

【アートマカオ2019】銀河のグレース・ケリー展は豪華絢爛

f:id:macao-guide:20190825164750j:plain

 

ギャラクシー(澳門銀河)で開催中のアートマカオ「グレース・ケリー、フロム・ハリウッド・トゥ・モナコ展」に行って来ました。さすがカジノリゾートと思わせるお金のかかった内容で大満足でした。六本木ヒルズの美術館なら2,000円取れる、充実の展示品の数々にうっとりです。しかしここはマカオ。もちろん無料で開放しています。会期は5月16日から8月28日までです。
 

 

グレース・ケリーがギャラクシーをジャック!クリスタルロビーを目指そう

f:id:macao-guide:20190825164826j:plain


ギャラクシーに入ると、あちこちにグレース・ケリーの垂れ幕が見られます。ギャラクシーは、モナコの大手カジノリゾートと2017年より提携をしており、今回のグレース・ケリー展が実現しました。今回の企画はギャラクシーとモナコの芸術複合施設、グリマルディ・フォーラムの協力のもと行われています。開幕の日には、現在のモナコ公妃のシャルレーヌ様もマカオを訪れ見学なさいました。

f:id:macao-guide:20190825164846j:plain

会場はクリスタル・ロビーのカジノ前です。カラフルで大きな水晶のオブジェがある場所ですね。以前はシャトルバスのロビーがありましたが、現在はドアが封鎖されています。噴水のあるダイヤモンド・ロビーとは、ちょうど反対側あたりです。

f:id:macao-guide:20190825164939j:plain
入口も品がありますね。会場内での飲食は禁止です。飲み物は、カバンの中などに入れて見学しましょう。

 

映画ファン必見!ハリウッド時代の衣装や資料


入ってすぐの場所には、グレース・ケリーの生い立ちから亡くなるまでの年表がありました。最初はハリウッド女優として活躍した時代のエリアです。

f:id:macao-guide:20190825165048j:plain

香港・マカオで映画が上映された当時の広告が展示されていました。レトロで趣がありますね。

f:id:macao-guide:20190825165146j:plain


映画の撮影に使われた衣装もありました。実際に着用している写真が並んでいて、想像力をかきたてます。

f:id:macao-guide:20190825165214j:plain

f:id:macao-guide:20190825165229j:plain

当時のカラーポスターは、おしゃれで味があります。巨匠アルフレッド・ヒッチコックのマドンナとなったグレース・ケリーは、「ダイヤルMを回せ!」「裏窓」「泥棒成金」などの作品に出演しました。会場では映画の予告編が流れており、雰囲気を楽しめます。

アカデミー主演女優賞受賞時のトロフィーとドレス

f:id:macao-guide:20190825165310j:plain

 

1955年に「喝采」でアカデミー主演女優賞を受賞したときのトロフィーとドレスは、今回の展示の目玉の1つ。映画ファン垂涎ものです。シンプルな形と色が上品なドレスは、グレース・ケリーの雰囲気にぴったり。気品がありますね。後ろの写真は、実際のアカデミー賞授賞式のものです。受賞スピーチの動画が流れており、彼女の美しさがあふれています。

 

モナコ大公との出会いと結婚

f:id:macao-guide:20190825165339j:plain

モナコ大公レーニエ3世と交わしたラブレターやデートの衣装、ウェディングイベントの際に着られた衣装も展示されていました。リアル王子様が書くラブレターはとても優しく愛にあふれていて、熱烈な愛情が伝わってきました。グレース・ケリーの魅力を高める上品なデザインや色づかいは、時代を超えて変わらず美しかったです。

 

上品なウェディングドレスは必見!

f:id:macao-guide:20190825165406j:plain

f:id:macao-guide:20190825165425j:plain


結婚式の衣装も目玉です。全ての女性がうっとりする美しいドレスは、見応えがあります。ついつい立ち止まってじっくり眺めてしまいました。結婚式の日の動画もあり、喜びに満たされたグレース・ケリーの姿はとても綺麗でした。デートにもおすすめです。

モナコでの暮らし

f:id:macao-guide:20190825165457j:plain

f:id:macao-guide:20190825165505j:plain


モナコの地図や、自宅で過ごされている様子の動画があり、公妃の生活の様子が想像できます。テーブルセッティングも展示され、美しい食卓の様子が再現されていました。ここからは、モナコ公妃になってからのコレクションです。

 

見応えたっぷり!きらびやかなジュエリーや小物・ドレス

f:id:macao-guide:20190825165524j:plain


いわゆる「女優サングラス」とクラッチバッグが数点展示されていました。現代でもおしゃれなアイコンになる、グレース・ケリー愛用の小物を間近でじっくり見られます。

心ときめくジュエリーの数々

f:id:macao-guide:20190825165600j:plain

f:id:macao-guide:20190825165609j:plain

f:id:macao-guide:20190825165618j:plain


結婚の際に贈られたジュエリーには、カルティエやヴァンクリーフ&アーペル、ミキモトなど有名ジュエラーの名前が並びます。レプリカですが、それでも十分目の保養になりました。ずっと眺めていたくなるような輝きが魅力的なコレクションです。

彼女を伝説にしたケリーバッグ

f:id:macao-guide:20190825165648j:plain

グレース・ケリーにちなんで名がつけられたことで有名なエルメスのケリーバッグです。グレース・ケリーの衣装とともに、特大サイズのバッグが展示されていました。

豪華なドレスに釘付け

f:id:macao-guide:20190825165738j:plain

f:id:macao-guide:20190825165801j:plain


結婚してモナコ公妃となってからのドレス・コレクションです。イブ・サン・ローランやランバンなどのハイブランドばかりで、時代を経ても変わらない美しさに思わず魅了されました。立ち止まってじっくり見学している女性も多かったです。

〆はアート作品

f:id:macao-guide:20190825165823j:plain

 

グレース・ケリー自身が、押し花を使って作ったアート作品です。繊細な手仕事が美しい仕上がりで、色んな才能がある人なんだなと驚きました。

f:id:macao-guide:20190825165946j:plain

雑誌の表紙が飾られていました。美しく、絵になる女性ですね。

 

f:id:macao-guide:20190825170042j:plain

 

最後はアンディ・ウォーホルの作品です。グレース・ケリーのポートレートが、暖色をメインに柔らかくモダンに表現されていて、現代アートファンにもおすすめです。

 

行き方・アクセス

f:id:macao-guide:20190825170136j:plain



ギャラクシーリゾートに行くには、シャトルバスが便利です。バスはマカオ・フェリーターミナル、タイパ・フェリーターミナル、空港からひんぱんに出ています。マカオ半島で観光中なら、スターワールドホテルから出発という選択肢もあります。コタイ地区なら歩くこともできますが、ちょっと遠いなという場合にはコタイ地区循環バス、コタイ・コネクションを利用しましょう。

シャトルバス時刻表

〇マカオおよびタイパフェリーターミナルから 9:00~23:00、10~20分ごと

〇マカオ空港から 9:00~23:00、20~30分ごと

〇スターワールドホテルから 10:00~23:45、10~20分ごと

〇コタイ・コネクション 11:30~21:30、5~15分ごと

 

グレース・ケリーの気品ある美しさにほれぼれしよう!

f:id:macao-guide:20190825170217j:plain

 無料とは思えない、見応えのある展示でした。女性や映画ファンなら必ず喜ばれると思います。何度でも見たい、美しい展示品の数々に目を奪われました。おすすめです。

 

ブログランキングに参加しています。下の画像をクリックしていただくと、マカオガイドが喜びます。よろしくお願いします。↓

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


世界遺産ランキング

 

www.macao-guide.com