マカオ鴛鴦茶通信

マカオ在住10年の政府公認ツアーガイドが、マカオの最新観光情報をわかりやすくお伝えします。治安が良いピカピカの街マカオで、非日常体験をしてみませんか?

【アートマカオ2019】ジャパンパビリオンが見逃せない!

f:id:macao-guide:20190825125850j:plain



タップセックギャラリーで、在香港日本領事館主催の「ジャパンパビリオン」を見て来ました。豊富で多彩な日本文化と芸術をマカオに紹介しようというイベントで、アートマカオの一環です。会期は6月18日から9月22日までで、会期中数回展示内容が変わります。

 

日本のトップ女優39人が勢ぞろい「女優顔」展

f:id:macao-guide:20190825125921j:plain

f:id:macao-guide:20190825125930j:plain

f:id:macao-guide:20190825125938j:plain

f:id:macao-guide:20190825125947j:plain

 8月10日~29日の目玉は、フォトグラファー富取正明による「女優顔」展です。香港、上海でも開催され、好評を得ています。

 

この企画に参加したのは

葵わかな、有村架純、石川恋、臼田あさ美、門脇麦、夏帆、香里奈、川口春奈、岸井ゆきの、北乃きい、国仲涼子、倉科カナ、坂井真紀、坂本祐祈、桜井日奈子、桜井ユキ、佐々木希、鈴木杏、田畑智子、土屋太鳳、常盤貴子、戸田恵梨香、中条あやみ、中村アン、菜々緒、二階堂ふみ、広瀬アリス、広瀬すず、福原遥、松本穂香、観月ありさ、森川葵、山口紗弥加、山田真歩、山本舞香、山本美月、吉岡里帆、吉川愛、芳根京子

の39人です。

 

若手からベテランまで日本の女優さんを撮り下ろしたポートレートが一堂に会し、圧巻です。美女がこれだけ並ぶと、まさに眼福。女性の私も思わずほくほくしてしまいました。強い紫外線やブルーライトで疲れた、目の保養に最適です。

 

マカオにも日本のドラマやアイドルが好きな人は多く、人気があります。この日も日本の女優ファンが訪れ、じっくりとポートレートを視覚で味わっていました。

 

カワイイが詰まったポップアートもおすすめ

f:id:macao-guide:20190825130023j:plain

f:id:macao-guide:20190825130031j:plain

f:id:macao-guide:20190825130045j:plain


 日本的な美しさとポップアートの融合も見逃せません。日本のカワイイを題材にしたアートが世界で紹介されて広まるのは嬉しいですね。塗り絵をテーマにしたものや、デザイン性の高いものなど、色づかいもポップでかわいく目を引きます。金箔を用いた作品には趣があり、ずっと眺めていたくなるほどです。

 

伝統的な日本の美

f:id:macao-guide:20190825130126j:plain

f:id:macao-guide:20190825130139j:plain


福井洋傘や書道家の作品には、伝統的な美しさがあふれています。会場では、書道家のライブペインティングショーのほか、専門家による福井洋傘講座、鹿児島焼酎試飲会、生け花のパフォーマンス、宇治抹茶の試飲など様々なイベントが行われました。

 

目を奪われる映像作品

 

f:id:macao-guide:20190825130157j:plain


花などをテーマにした映像作品も複数展示されていました。ゆっくりと妖しく動く華やかな作品は目を引きます。展示の中でも一段と存在感を放っていました。

 

80年代のおしゃれなポスターは必見!

f:id:macao-guide:20190825130238j:plain

f:id:macao-guide:20190825130249j:plain

f:id:macao-guide:20190825130303j:plain

f:id:macao-guide:20190825130311j:plain

f:id:macao-guide:20190825130319j:plain
 特に印象的だったのは、1980年代に日本の伝統芸能の公演のためにUCLAの学生により作られたポスターです。いずれも古さを感じさせないおしゃれなデザインで、今でも通用するものだと驚きました。日本の伝統芸能に対するリスペクトを感じますし、さらにユニークさがあったりと、素敵な作品ばかりです。

 

行き方・アクセス

f:id:macao-guide:20190825130417j:plain

 会場のタップセックギャラリーは、ポルトガル風の街並みが可愛いラザロ地区から徒歩5分ほどの場所に位置する、タップセック広場にあります。写真1番右手の建物がタップセックギャラリーです。こちらでは、日頃から様々なアートのイベントを行っています。

f:id:macao-guide:20190825130517j:plain

f:id:macao-guide:20190825130538j:plain

移動は徒歩かタクシーが便利です。

徒歩

世界遺産聖ポール天主堂跡から徒歩10分程度、ラザロ地区からは徒歩5分ほどです。

 

タクシー

「塔石廣場」と漢字でメモに書いて渡しましょう。

 

住所:澳門塔石廣場文化局大樓

開館時間:午前10時~午後7時

公式サイト: Tap Seac Gallery

www.macao-guide.com

 

 

www.macao-guide.com

 

 

www.macao-guide.com

 

 

www.macao-guide.com