マカオ鴛鴦茶通信

マカオ在住10年の政府公認ツアーガイドが、マカオの最新観光情報をわかりやすくお伝えします。治安が良いピカピカの街マカオで、非日常体験をしてみませんか?

【マカオ世界遺産】ドン・ペドロ5世劇場は緑色が素敵な歴史建築

マカオ 世界遺産 ドンペドロ5世劇場

 

エメラルドグリーンが美しい、穴場の世界遺産ドン・ペドロ5世劇場は写真撮影にもおすすめの観光スポットです。

歴史を感じる素敵な建物ですので、写真好きや建築好きの方はぜひ訪れてみてください。

ドン・ペドロ5世劇場の見どころを、マカオ在住10年、のべ1万人以上をご案内したツアーガイドが紹介します。

 

 

マカオの最新情報や現地の様子を Twitter(@macaukiva)で発信しています。

 

 

 

 

美しいグリーンの外壁は撮影に最適

マカオ 世界遺産 ドンペドロ5世劇場

 

ドン・ペドロ5世劇場の魅力は、パステルカラーがヨーロッパ風の外観です。

美しい建物は、雑誌やテレビのロケ地としてよく利用されています。

劇場の正面はもちろん、建物の側壁もリズム感があって素敵な写真がとれる、おすすめの撮影ポイントです。

 

ドン・ペドロ5世劇場の歴史

マカオ 世界遺産 ドンペドロ5世劇場

 

ドン・ペドロ5世劇場は、1858年に建築家ペドロ・マルケスによって設計された、アジアで最初の西洋式の劇場です。

1873年に正面ファサードが、陸軍クラブなどを設計したサーカル男爵にデザインされました。

日本では幕末、勝海舟が活躍した頃の出来事です。

マカニーズやポルトガル人のサロン(社交場)として生まれましたが、1915年には劇場として広く一般に親しまれました。

ここは1978年から8年間、パリで有名な「クレイジーホース」の「クレイジーパリショー」の舞台でした。

 

元々は単に「マカオ劇場」と呼ばれていましたが、ポルトガル国王ペドロ5世に敬意を表して現在の名前で呼ばれるようになりました。

ホールは350人収容の、こじんまりとした劇場です。

現在でも実際にコンサートや音楽会、演劇の会場として利用されています。

 

劇場内も見学OK!

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

domino.hua51(@domino.hua51)がシェアした投稿 -

 

特にイベントが行われていないときは、劇場の中を見学できます。

外観だけでも素敵ですが、時間があればぜひ劇場内も見学してみてください。

クラシカルな照明や座席など、古さを感じさせるものの、長い間大切に使われていることがよくわかります。

いつかここでショーを見てみたい、と思わせる美しい劇場です。

   

行き方・アクセス

マカオ 世界遺産 聖オーガスティン広場

 

セナド広場から徒歩5分

聖オーガスティン広場から徒歩1分

 

 

施設情報

 ドン・ペドロ5世劇場

崗頂劇院(伯多祿五世劇院)

Dom Pedro V Theatre

 

住所:崗頂前地

開放時間:10:00~18:00

定休日:火曜 マカオの祝日は開館

入場無料

 

 

 

美しい劇場を楽しもう 

世界遺産ドン・ペドロ5世劇場は、上り坂の上にあり、中国人観光客が少ない静かな穴場です。

ゆっくり見学を楽しめる、おすすめの観光地です。

タイミングが合えば、ここで開催されるショーを見るのも貴重な体験になりますよ。

 

マカオのガイドブックは地球の歩き方 マカオ 2018~2019がおすすめです。地図が素晴らしい。

以下におすすめのマカオ旅行本を紹介しておきます。

 

地球の歩き方 マカオ 2018~2019

 

 

マカオ行ったらこれ食べよう!: 地元っ子、旅のリピーターに聞きました。

CREA Traveller Autumn 2019 (新しさと懐かしさと 香港・マカオ)

 

  

ことりっぷマカオ'19