マカオ鴛鴦茶通信

マカオ在住10年の政府公認ツアーガイドが、マカオの最新観光情報をわかりやすくお伝えします。治安が良いピカピカの街マカオで、非日常体験をしてみませんか?

マカオの絶品エッグタルト!ガイドのおすすめ・人気の有名店

マカオ エッグタルト

女性を中心に大人気の、マカオ名物エッグタルト。

マカオにはおいしいお店がたくさんあります。

どこで食べられる?おすすめのお店は?お土産にできる?そんな疑問にまるっと答えます。

※1MOP(マカオパタカ)=およそ13円(2019年10月現在)

 

www.macao-guide.com

 

エッグタルトはどんな食べ物?

エッグタルトは中国語で「蛋撻(ダンタッ)」、ポルトガル語で「Pastel de Nata(パステル・デ・ナタ)」といいます。

卵と牛乳を使った、カスタードフィリングがおいしい焼き菓子です。

小腹が空いたときにぴったりな、手のひらサイズのおやつとして人気があります。

実はマカオのエッグタルトには、ポルトガル風と広東風の2種類があるんです。

2つの違いは、生地とフィリングにあります。どちらもおいしいので、余裕があればぜひ2種類とも試してみてください。

ポルトガル風エッグタルト

マカオ ポルトガル風エッグタルト

ロード・ストウズ・ベーカリーのエッグタルト

ポルトガル風エッグタルトは、空気を含んだ層が香ばしいパイ生地に、焼きプリンのような焼き色のついたカスタードが詰まっているのが特徴です。

半熟プリンのような食感で、焼きたての熱々をフーフー言いながら食べるのが最高です。

ポルトガル風エッグタルトは、香港ではあまり売っていない堂々のマカオ名物です。

マカオ旅行に来たら必ず1個は食べてみることをおすすめします。甘さ控えめで誰にでも愛される人気のおいしさですよ。

私がツアーで案内したお客さんも、みなさん「おいしい」とおっしゃいます。

広東風エッグタルト

マカオ 広東風エッグタルト

ナンペン・カフェのエッグタルト

広東風エッグタルトは、サクサクのタルト生地に、焼き色をつけない卵感の強いカスタードが詰まっているのが特徴です。

広東風エッグタルトは、飲茶で食べられるレストランもあります。

香港で有名なのは、主にこちらのエッグタルトです。マカオでももちろんおいしいものが食べられます。

ローカルなエリアに名店があるので、散策とともに味わってほしい一品です。

お土産に持って帰れる?

持って帰れないこともありませんが、ガイドの立場からおすすめはしていません。

もしエッグタルトをお土産に買ってきてくれた方がおられたら、細心の注意を払って頑張って持って帰ってきてくれたんだと感激ものです。

エッグタルトは半熟プリンのような生菓子なので、日持ちがしません。賞味期限は常温で1日、冷蔵で3日ほどです。

またパイ生地やタルト生地は柔らかく崩れやすいので、持ち運びに注意が必要です。

私もたまにエッグタルトを買って帰りますが、個数が少ないとビニール袋など簡単な包装で渡されるので、家に着くころには崩れて残念な見た目になってしまうことが多いです。

6個単位で箱に入れてくれるところが多いので、持ち運びの際は箱で買う方がいいでしょう。

エッグタルトは基本的に、マカオに来られた方だけのお楽しみですとお伝えしています。

どうしても家でエッグタルトが食べたくなったら、マカオの有名店「アンドリューのエッグタルト」の通販もありますので、こちらもおすすめです。

エッグタルトはどこで食べられる?

マカオ名物のエッグタルトは、世界遺産エリアを始め、多くのお店で取り扱っています。

値段は10MOP(約130円)前後です。

どこで食べてもかなりレベルが高く、半日しか時間がないという場合も大丈夫。

安心してください。きっとおいしいエッグタルトに出会えますよ。

食べ比べをしてみるのも楽しいですね。

ポルトガル風エッグタルト専門店

エッグタルト専門店はいつも混んでいて、行列ができていることが多いです。

やはり人気の裏にはおいしさがあります。

専門店とは言え、サンドイッチやパン、ケーキ、クッキー、コーヒーなどの飲み物も購入できます。

どれもおいしいので、テイクアウトして朝食やランチにもおすすめです。

カフェ

コーヒーを飲みながら、観光途中にちょっと休憩。ゆったりと過ごしてエッグタルトで小腹を満たすのもおすすめです。

パン屋さん

街のパン屋さんでエッグタルトを見つけたら、ぜひ試してみてください。素朴な市民の味が楽しめます。

ホテルのベーカリーにはブルーベリーエッグタルトなどのアレンジもあり、こちらもおすすめです。濃厚で上品なワンランク上のエッグタルトが食べられます。

おすすめのパン屋さん

エッグタルト ラザロ地区

わたしのおすすめのパン屋さんは、ラザロ地区から徒歩5分ほどの雀仔園エリアにある「心意餅店」です。

スーパーマーケット「宏基超級市場」の裏出口の向かい、エスカレーターの目の前にあります。

優しい甘さの広東風エッグタルトはとても柔らかいので、持ち帰りよりもすぐに食べてしまう方がおすすめです。散策しながら食べ歩きしましょう。

ホテルのベーカリーなら、同じくラザロ地区から徒歩5分ほどの場所にある「ロイヤルホテル」のポルトガル風エッグタルトがおすすめです。

ロイヤルホテルのエッグタルトは、マカオ内のスタバでも食べられます。

店舗情報

心意餅店

住所:澳門羅憲新街1BA號福星臺

 

ロイヤルホテル(皇都酒店)1階ベーカリー

住所:澳門得勝馬路2-4號

軽食スタンド・クッキー屋さん

エッグタルト 軽食

ツアーなどで時間がないときは、軽食スタンドで買っても美味しいエッグタルトが食べられます。

私のおすすめは、聖ポール天主堂跡の階段下にある軽食スタンドです。ここはスイカやマンゴーなど果物のフレッシュジュースも人気があります。

鉅記餅家(コイケイ・ベーカリー)や咀香園餅家(チョイヒョンユン・ベーカリー)など、クッキー屋さんの店頭でも買えます。

フェリーターミナルにもお店があるチェーン店なので、時間がないときや「出国前の最後の1個」にも最適です。

マカオのエッグタルトおすすめの名店・人気店

マカオのエッグタルトと言えばここ!というお店を紹介します。

せっかくマカオまで来られたなら、やっぱり有名な一番人気のお店で食べてみたいのが人情ですよね。

Lord Stow's Bakery(ロード・ストウズ・ベーカリー)

マカオ ロードストウズベーカリー

マカオのポルトガル風エッグタルト発祥のお店で、マカオで1番有名です。

ぷるぷるのプリンのようなフィリングにサクサクのパイ生地のマリアージュは、口に入れた瞬間幸せな気持ちになれます。

これぞエッグタルトという、黄金比の組み合わせです。文句なしのおいしさですから、時間があったら、ここのエッグタルトをぜひ試してみてください。

コロアン・ビレッジとベネチアンホテル3階ショッピングモール、タイパ・ビレッジにお店があります。

本店はコロアン・ビレッジというマカオの外れにあるにも関わらず、連日多くの人が列を作る人気店です。

まず並んで注文を伝え、お会計をしてから商品を受け取ります。パンやクッキーが欲しい場合は先に商品棚から取り、会計の列に並びましょう。

コロアン・ビレッジは観光地から離れていますが、ひなびた雰囲気と風光明媚さ、カラフルな建物が魅力のエリアです。

日本にも「アンドリューのエッグタルト」という名前で、大阪市、神戸市、金沢市、名古屋市、鹿児島市にお店があります。

店舗情報

澳門安德魯餅店(コロアン・ビレッジ本店)

住所:澳門路環市區戴紳禮街1號

営業時間:7:00~22:00 

定休日:なし

Margaret's Cafe e Nata(マーガレット・カフェ・エ・ナタ)

マカオ半島で一番有名なポルトガル風エッグタルトのお店がここです。

ロード・ストウズ・ベーカリーの創始者、アンドリューさんの元奥さんがマーガレットさんということで、同じレシピを使用しているそうです。

こちらも連日長蛇の列ができており、納得のおいしさです。

まず並んで注文を伝え、お会計をしてから商品を受け取ります。店員さんに愛想がないのは、気にしないことです。

世界遺産セナド広場からリスボア方面に徒歩5分強の場所にあります。宝石店の裏手の路地を入ると見つかる、隠れた人気店です。

近くには美しいアズレージョのタイル壁で有名な写真スポットのポルトガル語学校があり、観光にも便利です。

平日は午後4時過ぎには閉店、土日でも午後6時には閉めるという驚異のホワイト営業です。早めに行きましょう。

店舗情報

瑪嘉烈蛋撻店

住所:澳門馬統領街17B號

営業時間:平日8:30~16:30、土日10:00~18:00

定休日:水曜

【広東風エッグタルト】南屏雅敘(ナンペン・カフェ)

エッグタルト ナンペン マカオ

地元の人から絶大な人気を誇る、広東風エッグタルト(6MOP、約80円)がおすすめのお店です。ローカルな茶餐廳(チャーチャンテン)スタイルは、昔ながらの趣があります。エッグタルトは人気のため、午後5時には売り切れてしまうことが多いです。

場所はローカルな情緒漂う、十月初五日街にあります。マカオ半島の世界遺産、聖ポール天主堂跡から徒歩5分、セナド広場から徒歩10分弱の観光のついでに立ち寄るのに便利な立地です。ココナッツファインがたっぷり入ったココナッツタルト「椰撻(イエタッ)」や、厚焼き玉子にチャーシューとハムの旨みが魅力のオムレツサンド「南屏文治(ナンペンマンジー)」も人気があります。

店舗情報

住所:澳門新馬路十月初五街85-85A號

営業時間:6:30~18:30

定休日:なし

日夜咖啡室(ラウンド・ザ・クロック・コーヒーショップ)

マカオ グランドリスボア エッグタルト

グランドリスボアホテル2階のカフェのエッグタルトは、日本人パティシエが作る繊細な味わいが人気です。

基本のエッグタルトのほか、塩キャラメル味や抹茶味など他にはないオリジナルのエッグタルトが話題を呼んでいます。

店舗情報

住所:南灣葡京路2-4號新葡京酒店2樓上 グランドリスボアホテルU2階

営業時間:24時間

定休日:なし

営業時間:6:30~18:30

出来立てのエッグタルトを楽しもう!

大人気のおやつ、エッグタルトはマカオ旅行でぜひ食べたい名物の1つです。

サクサクの生地となめらかなカスタードの食感の違いも絶妙で、ぺろりと食べられてしまいますよ。甘さ控えめで、何個でも食べられてしまいそうです。

まだ食べたことのない方は、ぜひ挑戦してみてください。