マカオ子連れにおすすめアスレチック公園が観音像遊歩道にオープン

 

子連れでマカオ、どこに行こう?と考える方は多いと思います。

最近子ども向けの遊具を揃えた公園が増えています。

 

2021年のGW、マカオに新しい公共施設がオープンしました。

「觀音像海濱休憩區」といい、MGMマカオとマカオ科学館の中間に位置する、キッズ向けの大型遊具を備えた公園と遊歩道です。

5月は大混雑で、入場の予約が取れませんでした。

先日ようやく落ち着いてきたので、予約をして息子を連れて行きましたが、その日は予約不要と言われました。

TwitterInstagramではマカオの最新情報を、YouTubeではマカオの都市伝説や文化を紹介しています。ぜひチェックしてくださいね!
広告

觀音像海濱休憩區

長さ400m、面積2,700㎡の広々とした敷地には、大型遊具が多数並んでいます。

ベビー向けの遊具から、小学校高学年まで楽しめるアスレチックまで種類豊富です。

息子も夢中になって遊んでいました。

あちこち動き回って遊んでいると、1時間はあっという間です。

遊具はプラスチックや縄などでできていて、炎天下でも熱くなりにくく安心です。

20216月現在、入場にはマカオ健康コードが必要です。

 

注意点

施設の広さに対して、屋根付きのベンチの数が少ないので、保護者の休憩場所は争奪戦になります。

屋外施設なので、夏場は特にかなり暑いです。

公園の外には、冷房付きの待合室のような小さな建物があるので、暑さに耐え難い場合はその中で休憩するのもいいと思います。

建物内には、イスやドリンクの自動販売機もありました。

飲みものと帽子、日傘を用意して、熱中症対策をなさると安心です。

タオルと虫よけも忘れずに持参しましょう。

ハンディ扇風機や扇子などがあるとベターです。

 

施設情報

觀音像海濱休憩區

住所:孫逸仙大馬路

開放時間:7:0023:00

入場無料、無休

 

予約システムは、マカオの携帯電話を持っている人向けです。

綠化設施預約系統(個人)

マカオの携帯電話がなければ、直接公園へ行ってみましょう。

 

広告

子連れでも楽しめるマカオ

この公園の周りには、幼稚園・小学生向けのマカオ科学館もあります。

マカオ芸術博物館(美術館)や、マカオ返還寄贈品博物館は入場無料で、大人も楽しめます。

MGMのロビーの大きな水槽を眺めるのも楽しいです。

野外の暑さに疲れたら、屋内施設で涼むのがおすすめです。

お子さんと一緒にマカオを楽しんでください。

広告