マカオスタジオシティ新名所ウォーターパーク水上楽園来場レポ

2021年5月にオープンした新施設、マカオスタジオシティの本格ウォーターパーク「水上楽園」へ、夏休みに家族で遊びに行ってきました。

おすすめポイントや注意点について紹介します。

実際に水上楽園で遊んでいる様子は、こちらの動画をご覧ください。

TwitterInstagramではマカオの最新情報を、YouTubeではマカオの都市伝説や文化を紹介しています。ぜひチェックしてくださいね!

 

新エリア巨大なバケツと絶叫ウォータースライダー

新しく増築されたのは、大量の水がまき散らされる子ども向けの水遊びエリア「ゴールデン・バケット」と、高さ20mからスリリングなウォータースライダー5種類が楽しめる「ザ・ハイポイント・ツイスター」のエリアです。

砂浜のある流れるプールと、もうひとつの子ども向け水遊びエリアは以前宿泊者用のプールに含まれていましたが、現在はウォーターパークの一部となっています。

 

現在、宿泊者用の無料プールは、小さめのプールとジャグジーだけです。

温水ジャグジーは、宿泊者用のプールにしかありません。

肌寒い日は避けた方が良さそうです。

 

利用の注意点

利用してみて気になったポイントを紹介します。

 

飲食について

残念ながら、無料のお水の配布はありません。

また、飲食物の持ち込みは禁止です。 

12歳未満の子どものための飲食物や、アレルギーのある方のための特別な飲食物は、持込OKです。

入場の際、特に手荷物チェックはありませんでした。

私は子ども用に330mlのお水を1本持って行きましたが、十分でした。

 

施設内の売店は、現金が使えません。

炎天下での活動はのどが渇きます。

クレジットカードかマカオパス、モバイル決済を事前に準備しておきましょう。

 

広告

ロッカー

ロッカーは無料で、更衣室の中と外にあります。

外のロッカーの方が、忘れ物や飲み物を取りに戻るのに便利だと感じました。

 

防水ケースに入れたスマホを持ち込んでいる人が多かったです。

私はカメラとお水だけ持ち、夫は手ぶらでした。

座って休憩できる場所も少ないですし、歩き回ったりして遊ぶので、荷物は必要最小限だけに留めるのがおすすめです。

 

更衣室

5歳以上は、異性の更衣室に入ることができません。

例えばワンオペでママが息子を連れて行く場合、外で待ち合わせになりますので注意が必要です。

できれば同性の大人が付き添うようにしましょう。

 

入場料金

身長90cmから入場料が必要で、子供料金の設定はありません。

スタジオシティの宿泊客であっても、ウォーターパーク入場には別途入場料が必要です。

入場券付きの宿泊パッケージなどもありますので、検討してはいかがでしょうか。

世界中のホテル予約サイトを一括比較【ホテルズコンバインド】


1.8トンの水がこぼれる映えスポット

こちらの目玉は、金色の大きなバケツから3分ごとに1.8トンの水がまき散らされるという仕掛けです。

水が落ちてくる前には、カンカンカンと大きな音が鳴って注意を引くので、水を浴びたい方も水を避けたい方も安心です。

派手な仕掛けは写真映えもバッチリ!

 

そのほか、ひもを引っ張ると水が落ちてくる仕掛けや、備え付けの水鉄砲、水がたまるとひっくり返る小さなバケツなど、色々な仕組みがあって楽しめます。

このエリアに上ると、頭から全身水浸しになることを覚悟してください。

 

スライダーは、未就学児でも余裕の小さなすべり台と、大人も遊べるミニスライダーが2本あります。

私も短いスライダーを試してみました。

最後は水にドボンする定番のスライダーで、楽しめましたよ。

 

高さ20mのウォータースライダー

水上楽園の目玉はこちらのウォータースライダーです。

2階に2種類、3階に3種類、計5種類のスライダーが楽しめます。

刺激レベルは3種類の顔文字で表示してあります。

 

身長制限は110㎝以上。

大人でも十分楽しめます。

刺激を求める方におすすめです。

 

2階はエキサイティングに楽しめる

2階は、1人乗りまたは2人乗りの浮き輪を持って階段を上ります。

「ストーム・チェイサー・シルバー」と、「ストーム・チェイサー・ゴールド」の2種類で、私たちが行ったときは「シルバー」の方は調整中でした。

「ゴールド」に1人で乗りましたが、顔も濡れず爽快に楽しめました。

怖さで言うと、ディズニーのコースターレベルです。

 

3階はスリリングな絶叫系

3階は、浮き輪が自動で上がってくるので、自分で持って上がる必要はありません。

浮き輪を使うのは「ハリケーン」「スーパータイフーン」の2種類です。

3階まで上がると列ができていますが、どちらがどちらかよくわからず、スタッフに聞いたところ「どっちも同じだよ」と言われました。

確かにそうかもしれないな、と妙に納得してしまいました。

乗ってしまえばどちらでも楽しめるでしょう。

気になる方のためにお伝えしておくと、右側が「スーパータイフーン」、左側が「ハリケーン」の列でした。

 

この2種類は、2~4人乗りです。

私は1人だったので乗れないと言われたのですが、幸い後ろに並んでいた女子が相乗りしてくれたので良かったです。

座る際には、足を伸ばさず、あぐらをかくようにと言われます。

水がかかったり、かなりスリルのあるライドです。

キャーキャー言ってストレス発散したい方にもおすすめです。

 

3階の1人用スライダーが、「トルネード」です。

これがこのウォーターパークで、一番刺激が強いライドです。

体1つで滑るタイプで、こちらはカメラの持ち込み不可でした。

滑り方が悪く、骨折した人がいるとのことですので、チャレンジしようと思っている方は注意してください。

滑る前に、鼻をつまむように指示されます。

おぼれないように、ちゃんと従いましょう。

こちらは私が行ったときには、ほとんど並んでいませんでした。

やんちゃそうな小学生集団が、何度もすべったりしていました。

 

流れるプール

親子で楽しめるのが流れるプール、です。

ベビーと一緒に楽しんでいる家族連れもいましたよ。

子ども用にライフジャケットの無料貸し出しがあります。

ライフジャケットの山があるので、セルフサービスでそこから取って着せ、遊び終わったら同じ場所に返しましょう。

 

大人が乗ってぷかぷかできる大きめの浮き輪があるので、適当に見つけて持ってきて乗りましょう。

数は多くありませんが、子ども用の小さめ浮き輪もあります。

 

上から水が流れるポイントがたくさんあり、1周すると濡れネズミになります。

顔を濡らしたくない方は、注意して遊びましょう。

 

子ども向け水遊び場所2

 

噴水とキッズ向けウォータースライダーが楽しめる「リトル・ラグーン」。

こちらは、身長90~140㎝の子どもが対象です。

息子は怖がりで試したがりませんでしたが、親子で浮き輪に乗って楽しめる「キディ・ブーメランゴ」は楽しかったらしく、2~3回乗りました。

1~2人用のライドで、2人乗りは前後につながった8の字型の浮き輪を使います。

よちよち歩きのベビーも楽しめるライトさでした。

 

水上楽園施設情報

水上楽園

Water Park

 

場所:スタジオシティマカオ3階

営業時間:12:00~20:00

定休日なし

入場料:MOP388(約5,400円)

身長90㎝以上有料、子供料金なし
オンラインオプショナルツアー予約サイトのKlookでは、チケットが割引で購入できます。



 

大人も子どもも楽しめるウォーターパーク水上楽園

今年オープンの新スポット、スタジオシティの水上楽園は、夏休みの終わりを惜しむ地元の人たちでにぎわっていました。

大人だけでなく、子どもが楽しめる施設や、親子で一緒に楽しめるアトラクションが多いです。

 

マカオは10月くらいまで泳げる日が多く、この施設も他のプールと同じく10月まで営業するとみられます。

コロナでの営業自粛が明けてすぐ行ったので、今回はそこまで混んでいませんでしたが、それでも座って休める場所はほとんどありませんでした。

自由に旅行ができるようになると、かなりの混雑が予想されます。

思う存分楽しむためには、準備万端で出かけるのをおすすめします。

 

マカオのガイドブックは地球の歩き方 マカオ 2018~2019がおすすめです。地図が素晴らしい。 地球の歩き方 マカオ 2018~2019 以下におすすめのマカオ旅行本を紹介しておきます。 マカオ行ったらこれ食べよう!: 地元っ子、旅のリピーターに聞きました。 CREA Traveller Autumn 2019 (新しさと懐かしさと 香港・マカオ) ことりっぷマカオ'19

Booking.com     

広告