マカオ鴛鴦茶通信

マカオ在住10年の政府公認ツアーガイドが、マカオの最新観光情報をわかりやすくお伝えします。治安が良いピカピカの街マカオで、非日常体験をしてみませんか?

政府開放日2019はマカオのピンクハウス見学のチャンス!

マカオ 政府本部

普段は公開していないマカオのピンクハウス、マカオ特別行政区局長のオフィスに当たる「マカオ政府本部」一般公開の日程が公表されました。

毎年多くの人が訪れる人気のイベントです。美しいインテリアや庭のデコレーションは見逃せませんよ。

 

政府本部ビルの見どころ

マカオ政府 中庭

マカオ特別行政区政府本部ビルには、見どころがたくさんあります。見逃さないよう、ポイントをチェックしておきましょう。

インテリア

マカオ 青の間

中葡折衷のインテリアは必見です。「緑の間」や「黄色の間」など、色の名前のついた応接室は見応えがあります。中でもひときわ美しいのが、アズレージョをテーマにした「青の間」です。マカオらしい優雅な上品さは、思わず写真を撮りたくなりますよ。

室内を飾る華やかで美しいフラワーアレンジメントも見どころです。西洋風のフラワーアレンジメントと、東洋の盆栽を組み合わせたインテリアもマカオらしく、趣があります。



フラワーガーデン

マカオ フラワーガーデン

デコレーションが楽しいアートガーデンもにぎにぎしく楽しめます。毎年記念写真に最適な可愛らしいテーマで庭が飾られており、去年は動物や風車、一昨年は大きなティーセットなど、メルヘンチックな雰囲気でした。

家族連れも多い、子供も喜ぶイベントです。写真好きにもぴったりで、この日はマカオのカメラ好きが集まります。

 

屋外イベント

マカオ ダンス

警察のブラスバンドによる演奏や、演芸学院の生徒によるダンスや合唱、中国楽器演奏など屋外での催しも豊富です。

また、政府本部の記念スタンプが押せるカウンターや、その場で手紙を出せる臨時ポストが設置されます。思い出作りにぴったりですね。



入場者にはマカオ政府謹製の限定お土産も

 

 

毎年、入場者には限定のグッズが配布されます。

去年は政府本部の小さなフィギュアがついたピンク色がかわいいマグカップカバー、一昨年は政府本部のイラストがかわいらしいピンクを基調とした小さなジッパー付きファイルでした。それ以前は、水につけたら大きくなる政府本部イラスト入りのコンパクトなハンドタオルや、レターセットなどがありました。

今年はどんな記念品が配られるのでしょうか。楽しみですね。

 

入場の際の注意

マカオ 庭 デコ

入場は、建物右手からです。中央の正門は出口側です。入場待ちの列ができているので、行けばすぐにわかると思います。細い道ですので、車に気をつけて順番待ちをしましょう。

館内には階段がありますので、ベビーカーの持ち込みはおすすめしません。

自撮り棒、傘、飲食物、ペットの持ち込みは禁止です。これらが手荷物にあった場合は、入場口のところで一時預かり扱いになります。



イベント情報

 

日時:10月19~20日 9:00~18:00

場所:澳門特別行政区政府総部

住所:澳門南灣大馬路

 

催し物スケジュール

10/19(土)

10:00~10:20、10:45~11:05、11:30~11:50 警察ブラスバンド隊

14:00~14:20、15:30~15:50、16:40~17:00 演芸学院音楽学校 合唱

15:00~15:20、16:00~16:20 演芸学院舞踏学校 ダンス

 

10/20(日)

10:00~10:20、10:45~11:05、11:30~11:50 演芸学院音楽学校中国楽器オーケストラ

15:00~15:20、16:00~16:20 演芸学院舞踏学校 ダンス

15:30~15:50、16:30~16:50、17:10~17:30 警察ブラスバンド隊



アクセス・行き方

マカオ ピンクハウス



徒歩で

セナド広場から徒歩10分弱です。お天気が良ければ歩いても気持ちいい季節です。

 

タクシーで

タクシーなら「澳門南灣大馬路澳門特別行政区政府総部」と書いて渡すのが確実です。

コタイ地区から100MOP(約1,300円)程度で行けます。

 

シャトルバスで

ホテルの無料シャトルバスを利用できます。

 

フェリーターミナルから

グランドエンペラーホテル(英皇酒店)行きが一番近く便利です。

グランドエンペラーホテルから、徒歩5分強です。

 

コタイ地区から

シティ・オブ・ドリームスから、マカオ半島行きのバスが10~25分に1本出ています。

スタジオ・シティから、マカオ半島行きのバスが10~20分に1本出ています。

いずれもグランドエンペラーホテル近くに停車します。そこから徒歩で5分強です。

 

路線バスで

マッコウミュウから

マッコウミュウからは「6、28B」番のバスで、マッコウミュウ脇のバス停から5つめの「巴掌園」で降りるとすぐです。8~15分に1本運行しており、日曜日は28Bのみの運行です。

マカオタワーから

マカオタワーからは「9A、23」番のバスで3つめの「巴掌園」で降ります。8~15分に1本運行しています。

マカオフェリーターミナルから

マカオフェリーターミナルからは「32」番で7つめのバス停「區華利前地」で降り、道路を渡った反対側です。5~10分に1本の運行です。

タイパフェリーターミナルから

タイパフェリーターミナルからは「MT1」番で13個目のバス停「亞馬喇前地」で降り、徒歩で10分弱です。10~22分に1本の運行です。

コタイ地区から

コタイ地区からは「21A、26A」番のバスが便利です。スタジオシティ前から9つめ、パリジャン前のバス停から8つめの「中區/殷皇子馬路」で降りたら7~8分歩きます。8~30分に1本運行しています。

 

貴重な機会に少し変わった観光を楽しもう!

 

政府開放日は、明るい歓迎ムードで、誰でもウエルカムです。館内は走らない、大声を出さないなどルールを守って楽しみましょう。

普段は見られないマカオの首相官邸、ホワイトハウスが一般公開されるこの日は、貴重な体験ができますよ。タイミングが合えば、ぜひ訪れてみてください。