マカオ鴛鴦茶通信

マカオ在住10年の政府公認ツアーガイドが、マカオの最新観光情報をわかりやすくお伝えします。治安が良いピカピカの街マカオで、非日常体験をしてみませんか?

マカオの現地通貨、流通通貨についてマカオ在住ツアーガイドが疑問を解決

海外旅行に欠かせないのが、外貨両替です。マカオでは、どんな通貨が使われているのかご存知ですか?中国、香港、マカオと周遊する場合にはどうしたらいいでしょうか?

マカオに来たことがなければ、知らない方も多いと思います。

お客さんからよく聞かれる素朴な疑問に、マカオ在住ツアーガイドがお答えします。

※情報は2019年12月現在のものです。1MOP(マカオパタカ)=約13.5円

 

 

マカオの通貨はマカオパタカ

マカオ 通貨

マカオの通貨は「マカオパタカ」です。簡単に「パタカ」または「ドル」と呼ばれます。

「MOP」または単純に「$」と表示されます。

マカオパタカは、マカオ内のみで流通する独自通貨です。香港や中国本土では使えません。

 

マカオパタカの種類

パタカには、お札とコインがあります。

お札の額面は

  • 1,000
  • 500
  • 100
  • 50
  • 20
  • 10

パタカの6種類で、コインは銀色の

  • 5
  • 2
  • 1

パタカと、金色で小さい

  • 50
  • 20
  • 10

「アボス(AVOS)」があり、価値は0.1〜0.5パタカ。「セント」とも呼ばれます。

2パタカと20アボス硬貨は、ほとんど流通していません。

 

香港と同じくマカオも通貨発行銀行が複数あります。ポルトガル系の大西洋銀行と、中国系の中國銀行です。

発行年度や銀行によって、お札の柄が違います。コレクション性の高い通貨です。

マカオで使える通貨

マカオ カジノ

マカオでは、パタカのほか

 

  • 香港の通貨「香港ドル(HKD)」
  • 中国の通貨「人民元(RMB)」

 

がいずれも使えます。

スーパーやタクシーを始め、どこでも使えて便利です。

 

米ドルやユーロ、日本円は使えません。両替が必要です。

 

カジノで使える通貨

マカオ カジノチップ 両替

カジノに挑戦する場合は、香港ドルのみ使用できます。

マカオパタカは、カジノでは使えません。

もしマカオパタカや人民元しか持っていない場合は、カジノ内のキャッシャーで両替してから楽しみましょう。

 

おつりはどの通貨で返ってくる?

おつりは支払った通貨で返ってくることが多いです。観光地やホテル内、お土産屋さんなど、観光客の多いところほどその傾向があります。

 

ただし、タクシーやスーパーはその限りではありません。

またマカオ内のスターバックスコーヒーは、注意が必要です。おつりが全てマカオパタカで渡されます。

帰国が近い場合、スタバではできるだけ小さい額面で支払うか、クレジットカードを利用するとスマートです。

マカオパタカと香港ドルと人民元のレート

マカオ 通貨 レート

香港ドルと人民元とマカオパタカの厳密なレートの違いは以下の通りです。

 

マカオパタカ:香港ドル=1:1.03

マカオパタカ:人民元=1:1.15

 

宝石店や免税店、一部のクッキー店やスーパーなどでは、レートを正しく計算してお会計をしてくれます。

 

個人商店やタクシーなどでは、基本的に1:1で計算します。

人民元だと15%違いますが、香港ドルなら3%ですから、日本の消費税よりも安いです。

度重なる両替で目減りすることを考えると、数日の旅行であれば無理にマカオパタカにするより、香港ドルのまま持つ方が便利でお得です。

マカオ旅行には香港ドルがおすすめ!

 

マカオ旅行をする場合は、香港ドルを持つのがベストです。

買物、食事、カジノ、交通機関を始め、マカオ内のどこでも不自由なく使えます。

 

マカオパタカは、日本では両替できません。つまりお金が余った場合、帰国後の再両替ができないということです。

また香港空港や香港市内ではマカオパタカが利用できないので、香港空港を利用する場合や香港・マカオを周遊する場合は香港ドルへの両替が必須です。

ガイドブックは地球の歩き方 マカオ 2018~2019がおすすめです。地図が素晴らしい。