マカオ鴛鴦茶通信

マカオ在住10年の政府公認ツアーガイドが、マカオの最新観光情報をわかりやすくお伝えします。治安が良いピカピカの街マカオで、非日常体験をしてみませんか?

ガイドおすすめ!マカオ新八景ランキング

マカオ 新八景

マカオの絶景ポイントを投票で決めた「マカオ新八景」というものがあります。

マカオの有名観光地から、超強力パワースポットまで網羅した、マカオ旅行でぜひ訪れたい場所ばかりです。

絶景度や写真の撮りやすさ、訪れやすさを、マカオガイドがランキング形式で紹介します。

 

 

第8位:港珠澳大橋(橋牽三地)

マカオ 港珠澳大橋

絶景度:★★★

写真の撮りやすさ:★

訪れやすさ:★★★★

 

2018年10月に開通した「港珠澳大橋」が選ばれました。マカオと香港、中国・珠海をつなぐ55㎞に渡る世界最長級の橋です。

橋を利用することで香港マカオ間が直通バスで40分に短縮され、利便性が向上しました。現在多くの人がこの橋を利用しています。

2019年12月には、橋が香港空港までつながりました。マカオ旅行がさらに便利になりますね。

 

橋はとても利用しやすいですが、橋の近くや橋の上から写真を撮るのは難しいです。

クラウンプラザホテルあたりからなら、遠めに橋がよく見えて、いい写真が撮りやすいと思います。

 

アクセス・行き方

 

路線バス

「101X、102X」で「港珠澳大橋邊檢大樓」下車すぐ

運賃は6MOP(約80円)、ICカードのマカオパスを利用すると3MOP(約40円)

 

スポット情報

 

港珠澳大橋

 

住所:港珠澳大橋珠澳口岸人工島

開放時間:24時間

定休日:なし

 

第7位:南湾湖・西湾湖・マカオタワー(双湖塔影)

マカオ 新八景 マカオタワー

絶景度:★★★★

写真の撮りやすさ:★

訪れやすさ:★★★★

 

マカオタワーを挟んで2つの湖、南湾湖と西湾湖を一度にとらえるショットが選ばれました。

マカオタワーは、バンジージャンプ世界一で有名なマカオの人気観光地です。

南湾湖エリアには、マカオライトフェスティバルを始め、様々なイベントが行われる「アニム・アルテ南湾」があります。カフェやショップ、足こぎボートなどがあり、楽しめる観光地です。

西湾湖エリアは、閑静な住宅地にあり、静かで落ち着いた癒されるエリアです。ここからは、マカタワーのいい写真が撮れます。

 

南湾湖、西湾湖それぞれのエリアからマカオタワーはよく見えますが、2つの湖とタワーを一度に写真に納めようとすると至難の業です。

ペンニャの丘の上から狙うのがベストだと思います。受賞作品は、ドローンを使ったような写真でした。

 

アクセス・行き方

 

マカオタワー

路線バス

「5, 5AX, 9A, 18, 18B, 23, 26, 32, 32T」番「澳門旅游塔」下車

運賃は6MOP(約80円)、ICカードのマカオパスを利用すると3MOP(約40円)

 

スポット情報

 

住所:澳門南湾、西湾

開放時間:マカオタワー 10:00-21:00 (月~金) 、9:00-21:00 (土日祝) 入場無料

定休日:なし

 

www.macao-guide.com

 

第6位:コロアン・ビレッジ(路環漁韻)

マカオ 新八景 コロアン

絶景度:★★★

写真の撮りやすさ:★★★

訪れやすさ:★★★

 

風光明媚なコロアン・ビレッジが選ばれました。ひなびた雰囲気に癒されるスポットです。

 

レモンイエローが明るい雰囲気のフランシスコ・ザビエル教会や、レトロなコロアンふ頭がおすすめです。対岸に見えるのは中国本土で、マカオらしい面白いロケーションに、思わずシャッターを切りたくなります。

結婚式の前撮り写真のロケ地としても人気があり、韓国ドラマのロケ地にもなった場所です。

 

コロアン・ビレッジは、風景だけではなくマカオ名物エッグタルト発祥のお店「ロード・ストウズ・ベーカリー」があります。おいしいグルメを楽しめるのも魅力の1つです。

 

アクセス・行き方

コロアン島はホテルのシャトルバスがないエリアなので、路線バスかタクシーで行きましょう。

 

路線バス

「21A, 15, 25, 26A」番で、「路環市區」または「路環居民大會堂」下車すぐ

運賃は6MOP(約80円)、ICカードのマカオパスを利用すると3MOP(約40円)

 

スポット情報

コロアン・ビレッジ

路環市中心

 

住所:路環市中心

開放時間:24時間

定休日:なし

 

www.macao-guide.com

 

第5位:龍爪角海岸(竜爪観濤)

マカオ 新八景 龍爪角

絶景度:★★★★★

写真の撮りやすさ:★★★★

訪れやすさ:★

 

コロアン島の南、龍が閉じ込められたという伝説の残るパワースポットが選ばれました。

奇岩や巨石がゴロゴロある遊歩道は、まさに絶景です。

トータルで30〜40分かかる本格的なトレイルロードですから、履き慣れたスニーカーなどの歩きやすく、すべりにくい靴で出かけましょう。

海に突き出した東屋は抜群の撮影ポイントです。

 

交通の便があまり良くないのがウィークポイントですが、最近はそれにも関わらず、多くの人が訪れる人気のスポットとなっています。

お天気のいい日におすすめです。

 

ここから徒歩5分ほどのハクサビーチには、海水浴場や、香ばしい匂いがたまらない串焼きのお店があります。たくさん歩いた後、小腹を満たすのにぴったりです。

アクセス・行き方

 

路線バス

「21A, 15, 25, 26A」番に乗り、「竹灣豪園」下車、徒歩5分ほど。

入口がわかりにくいので注意してください。

帰りは「黒沙海灘」バス停から「21A, 15, 25, 26A」番に乗りましょう。

運賃は6MOP(約80円)、ICカードのマカオパスを利用すると3MOP(約40円)

 

スポット情報

 

龍爪角遊歩道

黑沙龍爪角海岸徑

 

住所:竹灣豪園側~ 黑沙龍爪角海濱路

開放時間:24時間

定休日:なし

全長1200m

 

www.macao-guide.com

 

第4位:ペンニャの丘(西望洋山)

マカオ 新八景 ペンニャ

絶景度:★★★★★

写真の撮りやすさ:★★★★★

訪れやすさ:★★

 

マカオタワーの向かい、西湾エリアの高台にあるペンニャの丘が選ばれました。船乗りの守護神、ペンニャ・デ・フランサに捧げられた教会です。

 

高級住宅街の並ぶ丘の上にあり、マカオタワーや中国本土、リスボアホテルなどが見渡せる絶景ポイントです。

建物自体も雰囲気のある教会で、結婚式の前撮り写真のロケ地としても人気があります。いつ行っても、たいてい数組が撮影中です。

 

ここは美しい夕焼けが見られる穴場スポットでもあります。18時閉館で敷地に入れなくなるので、教会で夕日を楽しめるのは、日が短くなる秋口以降です。

日が長い季節なら、教会そばの公園などから夕焼けを見ましょう。とてもロマンチックですよ。

 

交通機関はほとんどないので、タクシーで乗り付けるか、近くのバス停や世界遺産から5〜15分ほど上り坂を歩きます。帰りはタクシーが捕まらない場所なので、一旦丘を下りて大通りまで出てから、タクシーや路線バスに乗りましょう。

 

アクセス・行き方

徒歩

媽閣廟から徒歩15分弱

マンダリンハウス、リラウ広場から徒歩5分

 

路線バス

「9、16、18、28B」番で「亞婆井前地」下車、徒歩5分

※9、16番は工事中のため、「亞婆井前地」は臨時のバス停。

本来は「濠璟酒店」下車、徒歩5分

 

運賃は6MOP(約80円)、ICカードのマカオパスを利用すると3MOP(約40円)

スポット情報

 

ペンニャ教会

主教山小堂

 

住所:澳門西望洋山

開放時間:10:00-17:00

定休日:なし

 

www.macao-guide.com

 

第3位:福隆新街(福隆新貌)

マカオ 新八景

絶景度:★★★★

写真の撮りやすさ:★★★★

訪れやすさ:★★★★★

 

マカオの古い花街である、福隆新街が選ばれました。ここは昔、カジノや遊郭があったエリアです。ポルトガル語で「幸福通り(Rua da felicidade)」と呼ばれています。

白と赤のコントラストが美しい、趣のある街並みに魅了されるおすすめのスポットです。

 

マカオの世界遺産の中心、セナド広場から徒歩10分程度と、観光しやすく便利な立地にあります。

撮影にベストな時間帯は、お店が開く前の午前中です。ドアが閉まっているので赤色が増え、コントラストが強調されます。写真を撮るなら明るい日中の間に行くのがおすすめです。

夜は通りが淡くライトアップされ、散策するのにもいい雰囲気です。

アクセス・行き方

徒歩

セナド広場から徒歩4分

 

路線バス

「2、3A、5、5AX、10、10A、11、21A、N3」番で

「金碧文娯中心」下車、徒歩3分

 

または「2、3、3A、3X、5、6A、10、10A、18、101X、N1B、N3」番で

「新馬路/大豊」下車、徒歩徒歩3分

 

運賃は6MOP(約80円)、ICカードのマカオパスを利用すると3MOP(約40円)



スポット情報

 

福隆新街

 

住所:澳門福隆新街

開放時間:24時間

定休日:なし

 

 

www.macao-guide.com

 

第2位:恋愛巷(愛巷傾情)

マカオ 新八景 恋愛巷

絶景度:★★★★★

写真の撮りやすさ:★★★★

訪れやすさ:★★★★★

 

パステルカラーの建物の間から、聖ポール天主堂跡が見える、マカオらしい通りの恋愛巷が選ばれました。

ピンクと黄色の可愛らしい色合いで、女子旅やカップルで訪れるのにもぴったりです。

結婚式の前撮り写真のロケ地にもよく使われます。

 

マカオ観光で外せない世界遺産、聖ポール天主堂跡のすぐ近くにあるので、訪れやすいスポットです。

周辺には世界遺産のナーチャ廟、旧城壁、モンテの砦、マカオ博物館など見どころがたくさんあります。

 

人が多い人気の観光地なので、記念撮影をする人の間を上手にぬって撮影しましょう。

アクセス・行き方

徒歩

聖ポール天主堂跡から徒歩1分

セナド広場から徒歩7分

 

スポット情報

 

恋愛巷

 

住所:澳門恋愛巷

開放時間:24時間

定休日:なし

 

 

www.macao-guide.com

 

第1位:セナド広場(亭前葡風)

マカオ 新八景 セナド広場

絶景度:★★★★★

写真の撮りやすさ:★★★★★

訪れやすさ:★★★★★

 

マカオの世界遺産の中心、セナド広場が選ばれました。ピンクや黄色の建物と波模様の石畳が、ヨーロッパの雰囲気をかもし出す人気の観光地です。

季節ごとの飾り付けも魅力の1つで、様々なデコレーションを楽しめます。夜はライトアップされ、22時くらいまで人通りが絶えません。

 

周辺には世界遺産の見どころがたくさんあり、観光の拠点に最適です。恋愛巷や福隆新街にも近く、マカオ旅行の際はぜひ訪れてみてください。

記念写真は、噴水の前や後ろから撮影するのがベストです。まるでヨーロッパのような写真が撮れますよ。

 

アクセス・行き方

シャトルバス

グランドエンペラーホテル(英皇酒店)から徒歩5分

リスボア/グランドリスボアホテル(葡京/新葡新)から徒歩10分

スターワールド(星際酒店)、ウィンマカオ(永利酒店)、MGMマカオ(美高梅)から徒歩15分

 

路線バス

「3、3X、4、6A、8A、18A、19、26A、33、101X、N1A」番で「新馬路/永享」下車すぐ

または「2、3、3A、3X、5、6A、10、10A、18、101X、N1B、N3」番で

「新馬路/大豊」下車、徒歩徒歩3分

 

運賃は6MOP(約80円)、ICカードのマカオパスを利用すると3MOP(約40円)



スポット情報

セナド広場

議事亭前地

 

住所:澳門議事亭前地

開放時間:24時間

定休日:なし

 

www.macao-guide.com

 

マカオ新八景で絶景を楽しもう!

絶景スポットぞろいのマカオ新八景は、魅力的なスポットばかりです。

ベスト3はいずれも観光しやすい場所にあるので、ぜひ実際に訪れてマカオの魅力を体感しましょう。

私の知らないとっておきの絶景撮影ポイントがあったら、教えてください。


マカオ新八景の公式ページはこちらです

 

マカオ旅行の費用については、こちらの記事がおすすめです。

www.macao-guide.com